2019.04.12

今節最大の注目カード、激戦必至の中地区首位攻防戦を制するのはどちらか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

川崎ブレイブサンダースvs新潟アルビレックスBB(@川崎市とどろきアリーナ)
第1戦:4月13日18時5分、第2戦:4月14日16時5分

 今節最大の注目カードは、今季最後の中地区首位攻防戦となるこの顔合わせだ。マジックを「2」としている新潟アルビレックスBBは1つでも勝てば地区優勝が決定する。星3つの差がある川崎ブレイブサンダースは連勝が逆転地区優勝の絶対条件だが、今季の対戦成績では3勝1敗と優位に立っており、激戦となることは必至だ。

 その川崎は前節、三遠ネオフェニックスに苦戦を強いられ、最後は2点差と冷や汗をかいた。バーノン・マクリンが28得点、ニック・ファジーカスが25得点、篠山竜青が16得点と3人に得点が偏ってしまい、アシストも計17個と伸びなかった。そしてディフェンスでは、三遠に1試合平均得点を約9点上回る83点を献上。対戦成績は5勝1敗と大きく勝ち越したが、第24節1戦目も2点差での辛勝があり、その時と同様にディフェンスでは課題が残った。

 新潟は富山グラウジーズに前半3点ビハインドを許したが、後半はわずか26失点と地力の差を見せつけ、最終的には18点差の快勝。昨季1勝5敗に沈んだ富山戦を今季は6戦全勝で終えた。上江田勇樹が今季最多の17得点をマークしたほか、特別指定選手の髙橋浩平も初得点を記録するなどチームのムードは上々だ。唯一、柏木真介がアンスポーツマンライクファウルとテクニカルファウルを立て続けに取られて退場となり、今節1戦目を出場停止となったのが不安材料。攻守両面のキーマン不在での戦い方が問われる。

 その一方で、新潟には今村佳太の出場停止解除という朗報も飛びこんできた。とはいえ、柏木の代役としてある程度の働きは見込めるが、試合勘を欠くこともあって出場するかどうかは不明。ここはやはり長いシーズンを戦ってきた既存の戦力で柏木の穴をカバーしなければならず、特に若手の飛躍が望まれる。渡辺竜之佑は本来の持ち味を取り戻しつつあり、あとは最近伸び悩んでいる石井峻平がチームの起爆剤になるべく思いきりの良さを発揮できるかだ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・川崎(ヘッドコーチ:北卓也)
藤井祐眞
林翔太郎
青木保憲
篠山竜青
辻直人
谷口光貴
長谷川技
ニック・ファジーカス
バンバ・ジュフ
鎌田裕也
バーノン・マクリン
シェーン・エドワーズ

・新潟(ヘッドコーチ:庄司和広)
山口祐希
柏木真介(第1戦出場停止)
五十嵐圭
髙橋浩平
鵜澤潤
石井峻平
渡辺竜之佑
森井健太
上江田勇樹
池田雄一
ラモント・ハミルトン
ダバンテ・ガードナー
アマンゼ・エゲケゼ
今村佳太

この試合の他の記事