2020.05.29

柏木真介がシーホース三河に復帰「自分の使命はチームを『常勝軍団』に戻すこと」

新潟から退団が発表されていた柏木[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 シーホース三河は29日、自由交渉選手リストに公示されていた柏木真介の獲得を発表した。

 北海道出身の同選手は、183センチ83キロのポイントガード兼シューティングガード。中央大学から日立サンロッカーズ(現サンロッカーズ渋谷)に進み、アイシンシーホース(現シーホース三河)、名古屋ダイヤモンドドルフィンズを経て2018年に新潟アルビレックスBBへ加入。今シーズンは39試合の出場で173得点(平均4.4得点)を挙げたが、シーズン終了後に自由交渉選手リストに公示されていた。

 三河への復帰が決まった柏木は、クラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

「この度シーホース三河に加入することになりました柏木です。まずはじめに3年ぶりにこのチームでプレーする機会を与えて下さったチーム関係者の皆様に感謝申し上げます。

 今回、三河にカムバックする選手としては初めてになりますが、自分の使命は常勝軍団と言われたチームをもう一度その位置まで戻すことだと思ってここに戻ってきました。その目的、目標を達成するためにもこのチームに全身全霊をかけて戦い、何か化学反応を起こしていきたいと思います。

 そして、久しぶりにファンの皆さんのあの熱い『青援』と共に戦うことを楽しみにしています。今は新型コロナウイルスの影響で大変な時期が続いていますが、元気な姿で一日でも早く皆さんとお会いできることを楽しみにしています」

Bリーグ初年度は三河でプレー[写真]=B.LEAGUE