2023.01.22

原修太の逆転3Pで千葉Jが信州を破り14連勝に…富樫勇樹も4Qに長距離砲を量産

貴重な逆転3ポイントを沈めた原 [写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 1月22日、各地でB1リーグ第19節が開催され、千葉ジェッツ信州ブレイブウォリアーズとアウェーで対戦した。

 第1戦に89-70で勝利した千葉Jは、ギャビン・エドワーズを出場停止処分で欠く状況で第2戦に臨んだ。信州の岡田侑大ジョシュ・ホーキンソンに活躍を許すも、22-21で第1クォーターを終えると、続く第2クォーターも接戦が続く。リードチェンジを繰り返す展開となるが、最後は37-39で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、千葉Jはヴィック・ローを中心に得点を重ねると、54-54の同点で最終クォーターへ。勝負の第4クォーター、富樫勇樹が3本の3ポイントシュートを沈めると、原修太もアウトサイドシュートで続くが、試合終盤に2点のビハインドを背負うことに。それでも、試合残り11秒に原の値千金の逆転3ポイントが決まり、千葉Jが71-70で接戦を制した。

 14連勝を飾った千葉Jは、富樫が4本の3ポイントを含む20得点、原が16得点、ローが13得点12リバウンド、ジョン・ムーニーが8得点16リバウンドをマーク。

 一方の信州は、ホーキンソンが22得点7リバウンド、岡田が16得点4スティール、熊谷航が10得点を挙げるも、ホームでの接戦を落とした。

■試合結果
信州ブレイブウォリアーズ 70-71 千葉ジェッツ(@ホワイトリング)
信 州|21|18|15|16|=70
千葉J|22|15|17|17|=71

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO