2023.05.11

SR渋谷がジェームズ・マイケル・マカドゥ、ライアン・ケリーとの選手契約締結を発表

SR渋谷と再契約したマカドゥ(左)とケリー(右)[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月11日、サンロッカーズ渋谷は2023-24シーズンにおけるジェームズ・マイケル・マカドゥライアン・ケリーとの選手契約を締結したと発表した。

 アメリカ出身で現在30歳のマカドゥは、206センチ104キロのパワーフォワード兼センター。ゴールデンステイト・ウォリアーズでキャリアをスタートすると、3シーズンを終えたあとにフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍する。その後はイタリアやトルコ、セルビアを渡り歩き、2020年にSR渋谷へ加入した。今シーズンは50試合(先発は41試合)に出場し、1試合平均15.0得点8.5リバウンド2.1アシストを記録している。

 同じくアメリカ出身で現在32歳のケリーは、211センチ104キロのフォワード。2013年のNBAドラフトでロサンゼルス・レイカーズに指名され、3シーズンを同球団でプレーする。以降はアトランタ・ホークス、スペインリーグに在籍し、2018年にSR渋谷と契約を交わした。今シーズンは52試合(先発は41試合)に出場し、平均17.6得点5.5リバウンド2.4アシストをマークしている。

 今回の発表について、マカドゥとケリーはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「サンロッカーズファンの皆さん! またこのチームに戻ってきて皆さんと会場で会えることがとても楽しみです。ぜひとも次のシーズンも毎試合勝てるように会場に来て、たくさんの声援をお願いします!」(マカドゥ)

「サンロッカーズで6年目のシーズンを迎えることができ、とてもうれしく思います。私の子供たちも会場で皆さんに会うことを楽しみにしており、家族にとってもこれ以上の場所はありません。ファンの皆さんの応援は常に素晴らしく来シーズンはこのチームがチャンピオンシップに返り咲き、優勝争いができるように貢献したいと思います。また会場でお会いしましょう!」(ケリー)

BASKETBALLKING VIDEO