2023.12.01

琉球のアレックス・カークが「ヘルニア」で戦線離脱…ヴィック・ ローはIL抹消し復帰へ

琉球のヴィック・ローとアレックス・カーク[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 B1西地区の琉球ゴールデンキングスは12月1日、アレックス・カークをインジュアリーリスト(IL)に登録すると同時に、ヴィック・ローをILから抹消した。

 アメリカ出身で現在32歳のカークは、211センチ114キロのセンター。昨シーズン終了後にアルバルク東京から自由契約となり、今シーズン開幕直前に琉球へ加入すると、ここまでレギュラーシーズン14試合に出場して1試合平均12.1得点7.6リバウンド0.9ブロックをマーク。怪我で出遅れた“大黒柱”ジャック・クーリーの穴を埋める活躍を見せていた。

 しかし、今回「腰椎椎間板ヘルニア」と診断され、1日付でインジュアリーリスト入り。琉球の安永淳一ゼネラルマネージャーは、これまでのカークの働きを評価し、「カーク選手が万全な状態でコートに戻れるよう、全力でサポートして参ります」とコメントした。

 一方、入れ替わるようにILから抹消されたのが「左膝蓋靭帯炎」で戦線離脱していたロー。こちらは昨シーズン限りで千葉ジェッツを退団し、今シーズンから琉球へ加入した新戦力。開幕から5試合の出場で平均17.6得点9.2リバウンド2.6アシストの好成績を収めていたが、10月24日付でILに登録されていた。

 クラブの発表によると、ローは今週末12月2日の第9節・シーホース三河戦からエントリー可能とのこと。10月21日の第3節・横浜ビー・コルセアーズ以来、42日ぶりの実戦復帰に期待がかかる。

BASKETBALLKING VIDEO