2023.12.07

中地区の首位攻防戦は川崎に軍配…河村勇輝がキャリアハイ更新し横浜BC勝利/12月6日開催 B1試合結果

24得点7リバウンドをマークした川崎のロスコ・アレン [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月6日、各地でB1リーグ第10節が行われた。

 3連敗だった横浜ビー・コルセアーズは、同地区の富山グラウジーズとアウェーで対戦。序盤からハイスコアな展開となった一戦を100-91で制し、4試合ぶりの白星をつかんだ。河村勇輝は6本の3ポイントを含む42得点をマークし、リーグ戦におけるキャリアハイを更新。アシストでもチームトップの7本を記録した。そのほかには、ジェロード・ユトフデビン・オリバー須藤昂矢が2ケタ得点を挙げている。

 中地区2位だった川崎ブレイブサンダースは、同1位だった三遠ネオフェニックスと対戦。川崎は前節に首位を明け渡してしまっていたが、第3クォーターでリードを拡大し、最終スコア104-90で直接対決に勝利。ロスコ・アレンが24得点7リバウンド、藤井祐眞が21得点7アシスト、ニック・ファジーカスが18得点10リバウンド8アシストをマークし、地区首位の座を奪還した。

河村勇輝は42得点でキャリアハイを更新した[写真]=B.LEAGUE

 琉球ゴールデンキングスは、同じく西地区の大阪エヴェッサと激突。56-63と7点ビハインドで最後の10分間に突入するも、試合残り28秒の場面で岸本隆一が3ポイントを沈め、逆転に成功。76-73で接戦を制した。岸本が21得点、アレン・ダーラムが14得点11リバウンド4アシスト、今村佳太が13得点を記録している。一方、大阪は7連敗と厳しい状況が続いている。

 群馬クレインサンダーズは、同地区の首位・アルバルク東京の敵地に乗り込み、91-82で勝利。トレイ・ジョーンズが30得点6リバウンド、ケーレブ・ターズースキーが20得点9リバウンド、八村阿蓮が13得点をマークし、連敗を『6』でストップした。一方、前節で11連勝が止まったA東京は、今シーズン初の2連敗を喫している。

 6日に行われたB1リーグ第10節の結果は以下のとおり。

■12月6日 B1試合結果一覧
レバンガ北海道 81-90 仙台89ERS
千葉ジェッツ 94-72 茨城ロボッツ
富山グラウジーズ 91-100 横浜ビー・コルセアーズ
三遠ネオフェニックス 90-104 川崎ブレイブサンダース
ファイティングイーグルス名古屋 61-56 サンロッカーズ渋谷
大阪エヴェッサ 73-76 琉球ゴールデンキングス
島根スサノオマジック 93-75 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
広島ドラゴンフライズ 83-70 京都ハンナリーズ
佐賀バルーナーズ 81-91 長崎ヴェルカ
宇都宮ブレックス 63-67 秋田ノーザンハピネッツ
信州ブレイブウォリアーズ 62-83 シーホース三河
アルバルク東京 82-91 群馬クレインサンダーズ

BASKETBALLKING VIDEO