2024.01.31

プロ入り1カ月で日本代表候補入り…広島・三谷桂司朗「自分らしさを全面に」

27日の茨城戦で11得点を挙げた広島の三谷[写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 1月31日、B1西地区4位の広島ドラゴンフライズに所属している三谷桂司朗が、2月末に行われる「FIBAアジアカップ2025予選 Window1」の日本代表候補に選出された。

 現在、筑波大学4年生の三谷は、191センチ95キロのスモールフォワード。広島県立皆実高校時代に特別指定選手として広島でプレーした経験を持ち、大学進学後は下級生から中心選手として活躍。先日開催された「第75回全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ2023)」ではチームを3位入賞に導いた。

 依然として筑波大在学中ではあるものの、先月19日に広島と選手契約に合意したことが発表され、ここ4試合連続でB1公式戦に先発出場中。昨年2月に若手有望株が集うディベロップメントキャンプに参加したことはあったが、国際大会を控える日本代表トップチームの強化合宿メンバーに抜擢される格好となった。

 今回の発表に際して、三谷は「素晴らしい機会を与えていただき、ありがとうございます。この代表合宿で自分らしさを全面に出し、成長につなげられるように頑張ります」とクラブを通じてコメントした。

 日本代表(FIBAランキング26位)の強化合宿は2月12日にスタート。メンバーの絞り込みを経て、同22日にグアム代表(76位)、同25日に中国代表(29位)と対戦する。

FIBAアジアカップ2025予選 Window1 男子日本代表直前合宿招集メンバー
ジョシュ・ハレルソン(C/208センチ/佐賀バルーナーズ
比江島慎(SG/191センチ/宇都宮ブレックス
須田侑太郎(SG/190センチ/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
安藤誓哉(PG/181センチ/島根スサノオマジック
富樫勇樹(PG/167センチ/千葉ジェッツ
原修太(SG/187センチ/千葉ジェッツ
阿部諒(SG/184センチ/仙台89ERS
ジョシュ・ホーキンソン(C・PF/208センチ/サンロッカーズ渋谷
馬場雄大(SF/195センチ/長崎ヴェルカ
今村佳太(SG/191センチ/琉球ゴールデンキングス
吉井裕鷹(SF/196センチ/アルバルク東京
川真田紘也(C/204センチ/滋賀レイクス
赤穂雷太(SF/196センチ/秋田ノーザンハピネッツ
テーブス海(PG/188センチ/アルバルク東京
渡邉飛勇(C/207センチ/琉球ゴールデンキングス
西田優大(SG/190センチ/シーホース三河
井上宗一郎(PF/201センチ/越谷アルファーズ
河村勇輝(PG/172センチ/横浜ビー・コルセアーズ
三谷桂司朗(SG/190センチ/広島ドラゴンフライズ
市川真人(C/206センチ/ベルテックス静岡
金近廉(SF/196センチ/千葉ジェッツ
川島悠翔(PF/200センチ/NBAグローバルアカデミー)

BASKETBALLKING VIDEO