2024.04.15

A東京がQFのホーム開催権を獲得…CS出場争いは過熱/B1第32節終了時点 CSシミュレーション

バスケ情報専門サイト

 B1は4月14日の第32節終了時点で、「日本生命 B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2023-24」への進出を決めているのは、宇都宮ブレックスアルバルク東京三遠ネオフェニックスの3チーム。各チームのレギュラーシーズンは残り7試合となり、チャンピオンシップ進出争いや、上位チームはホーム開催権の獲得に向けて激しい戦いを繰り広げている。

 本稿ではメディアに配布されているチャンピオンシップ進出シミュレーション資料をもとに、現時点で組まれるクォーターファイナルの対戦カード、ワイルドカードの状況を見ていく。

B1第32節終了時点順位表(上位15位まで)
1位宇都宮ブレックス(東1位/45勝/8敗/.849)※出場確定(ホーム開催)
2位三遠ネオフェニックス(中1位/43勝/10敗/.811)※出場確定(ホーム開催)
3位琉球ゴールデンキングス(西1位/38勝/15敗/.717)
4位アルバルク東京(東2位/43勝/10敗/.811)※出場確定(ホーム開催)
5位名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(西2位/35勝/18敗/.660)
6位シーホース三河(中2位/31勝/22敗/.585)
7位千葉ジェッツ(東3位/33勝/20敗/.623)ワイルドカード上位
8位島根スサノオマジック(西3位/31勝/22敗/.585)ワイルドカード下位

9位:広島ドラゴンフライズ(西4位/31勝/22敗/.585)
10位:川崎ブレイブサンダース(中3位/29勝/24敗/.547)
11位:サンロッカーズ渋谷(中4位/29勝/24敗/.547)
12位:ファイティングイーグルス名古屋(中5位/28勝/25敗/.528)
13位:群馬クレインサンダーズ(東4位/28勝/25敗/.528)
14位:佐賀バルーナーズ(西5位/27勝/26敗/.509)
15位:秋田ノーザンハピネッツ(東5位/26勝/27敗/.491)

 クォーターファイナルの組み合わせはレギュラーシーズンの順位を受けて、『「自地区1位/3地区間1位」vs「ワイルドカード下位」』、『「自地区2位/3地区間2位」vs「自地区2位/3地区間1位」』、『「自地区1位/3地区間3位」vs「自地区2位/3地区間3位」』、『「ワイルドカード上位」vs「自地区1位/3地区間2位」』という4つの対戦カードになる。

 第32節終了時点の順位をもとに組み合わせると、宇都宮vs島根、A東京vs名古屋D、琉球vs三河、三遠vs千葉Jの4カードに。第31節終了時点から対戦カードの変動はなかったが、A東京が新たにクォーターファイナルのホーム開催権を獲得した。

 一方、CS出場争いは白熱の展開となっている。西地区では名古屋Dと島根がそれぞれ1勝1敗で今節を終えると、2連勝を飾った広島は31勝22敗となり、勝率でワイルドカード下位の島根に並んだ。また、SR渋谷vs三河が痛み分けとなり、2連勝を収めた川崎が順位を浮上。中地区では三河からFE名古屋まで3勝差となり、2位争いが過熱している。

 次節ではFE名古屋vs川崎の直接対決に加え、ワイルドカード上位ながら下からの追い上げを受ける千葉Jが、好調・A東京と対戦するなど、注目カードが目白押しだ。

B1第33節試合日程
茨城ロボッツvs秋田ノーザンハピネッツ(@アダストリアみとアリーナ)
群馬クレインサンダーズvsレバンガ北海道(@オープンハウスアリーナ太田)
富山グラウジーズvsサンロッカーズ渋谷(@富山市総合体育館
三遠ネオフェニックスvs信州ブレイブウォリアーズ(@豊橋市総合体育館)
シーホース三河vs横浜ビー・コルセアーズ(@ウィングアリーナ刈谷
ファイティングイーグルス名古屋vs川崎ブレイブサンダース(@名古屋市枇杷島スポーツセンター)
京都ハンナリーズvs島根スサノオマジック(@かたおかアリーナ京都:京都市体育館)
大阪エヴェッサvs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@エディオンアリーナ:大阪府立体育館)
長崎ヴェルカvs広島ドラゴンフライズ(@シーハットおおむら)
宇都宮ブレックスvs仙台89ERS(@日環アリーナ栃木
アルバルク東京vs千葉ジェッツ(@国立代々木競技場 第1体育館)
琉球ゴールデンキングスvs佐賀バルーナーズ(@沖縄アリーナ

BASKETBALLKING VIDEO