2023.06.09

B3リーグ参入の福井ブローウィンズ、B1経験もあるベンジャミン・ローソンを獲得

熊本から福井への移籍が決まったローソン [写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 新たにB3リーグに参入する福井ブローウィンズは6月9日、B2リーグの熊本ヴォルターズから自由交渉選手リストに公示されていたベンジャミン・ローソンと、2023-24シーズンの選手契約に合意したと発表した。

 イギリス出身で現在27歳のローソンは、216センチ118キロのパワーフォワード兼センター。2018年に当時B1リーグに所属していたライジングゼファー福岡へ加入すると、その後もファイティングイーグルス名古屋(当時B2)、越谷アルファーズ京都ハンナリーズBリーグのクラブを渡り歩いた。

 熊本へ移籍した2021-22シーズンにはB2のブロック王に輝き、移籍2年目となった2022-23シーズンもチームの主力として活躍。レギュラーシーズン45試合の出場で1試合平均11得点8.7リバウンド1.8ブロックを記録した。

 今回の発表に際して、ローソンは「チームと過ごした時間は、私にとって常に特別なもの」と、熊本で過ごした2シーズンを振り返りつつ、福井のクラブ関係者にも感謝。新天地となる福井の公式HPを通じて、「宝石の様に光り輝く、この素晴らしい福井に興奮をもたらすのが待ちきれません。経営陣(マネージメント)と選手たちが集結してきたので、一緒に素晴らしいことができると確信しています」とコメントを寄せた。

 また、5人目のプロ契約選手発表となった福井の塚本鋼平ゼネラルマネージャーは、ローソンについて「過去にNBAサマーリーグメンフィス・グリズリーズの一員として参加し、渡邊雄太選手とともにプレーした経験もあります。イギリス出身で、かつ高身長であることから『ビッグベン』の愛称で親しまれています」とプロフィールを紹介した。

 続けて、「試合では豪快かつ強烈なダンクシュートを魅せてくれますが、とても優しく、温厚で思いやりにあふれた素晴らしい選手です」と人柄についても言及し、「ぜひ、たくさんの方に、試合会場にお越しいただき、お声がけいただけましたら幸いです」とファンに呼びかけた。

BASKETBALLKING VIDEO