2017.12.12

ウインターカップ女子注目校(1)桜花学園高校(高校総体2/愛知県)「ここまで無冠なだけ不気味な存在」

絶対的存在の山本麻衣がチームを勝利に導くか [写真]=山口剛生
バスケットボールキング編集部。取材歴は20年を数え、これまで主に中学、高校、女子日本代表をカバーしてきた。また、どういうわけかあまり人が行かない土地での取材も多く、今年も氷点下10度を下回るモンゴルを経験。Twitterのアカウントは @m_irie3

 12月23日から29日の期間、東京体育館において、「ウインターカップ2017 平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開催される。全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、国民体育大会(国体)とともに高校バスケットボール界の三大タイトルであり、ウインターカップは高校最後の王座を争う大会でもある。そして、昨年9月からBリーグが始まったと言えども、高校最後の栄冠を争うこの大会が、国内で最も人気があるバスケットボールコンテンツと言っても過言ではない。バスケットボールキング編集部では今大会で注目すべき5チームをピックアップした。

■(1)桜花学園高校(高校総体2/愛知県)

 これまで多くの栄冠を手中に収めてきた高校バスケットボール界の女王が苦しんでいる。桜花学園高校(高校総体2/愛知県)は前回大会で21回目の優勝を果たし、優勝回数で男子の能代工業高校の記録をぬいて、新記録を達成した。しかし、今シーズンは岐阜女子高校(高校総体1/岐阜県)にその座を奪われ、まだ全国タイトルがない。それだけに今大会にかける思いはひとしおで、岐阜女子をはじめとする出場チームにとって怖い存在であることは周知のことだろう。

 メンバーに目を転ずれば、昨年の3冠メンバー、山本麻衣(3年)が司令塔としてチームをコントロール。オールラウンダー、藤本愛瑚(3年)とともに得点面でも重責を担っており、それに応えられる絶対的な存在でもある。また、井上眞一コーチは2番ポジション(シューティングガード)へのコンバートも検討しており、起用法に関しては要注目だ。

 加えて、FIBA U16女子Asian選手権大会2017で活躍した1年生の平下愛佳が先発に入り、夏に比べて戦力はさらに厚みを増している。「今年は1つずつ確実に勝ち上がっていきたい」と井上眞一コーチは慎重な姿勢を崩さない。これに「無冠では終われない」という強い気持ちが加われば、おのずと勝利が近づいてくる。

文=入江美紀雄