2017.12.13

ウインターカップ女子注目校(2)東京成徳大学高校(東京都)「地元、東京体育館のコートで上位を目指す」

個々の能力が高いだけに、それらがかみ合えば怖い存在だ [写真]=山口剛生
バスケットボールキング編集部。取材歴は20年を数え、これまで主に中学、高校、女子日本代表をカバーしてきた。また、どういうわけかあまり人が行かない土地での取材も多く、今年も氷点下10度を下回るモンゴルを経験。Twitterのアカウントは @m_irie3

12月23日から29日の期間、東京体育館において、「ウインターカップ2017 平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開催される。全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、国民体育大会(国体)とともに高校バスケットボール界の三大タイトルであり、ウインターカップは高校最後の王座を争う大会でもある。そして、昨年9月からBリーグが始まったと言えども、高校最後の栄冠を争うこの大会が、国内で最も人気があるバスケットボールコンテンツと言っても過言ではない。バスケットボールキング編集部では今大会で注目すべき5チームをピックアップした。
 
■(2)東京成徳大学高校(東京都)

 8月、福島市で開催された福島インターハイでベスト4に入った明星学園高校を破り、東京都代表の座を射止めたのが東京成徳大学高校だ。

 チームの核となるのがキャプテンでポイントガードの木村亜美(3年)。木村にはポイントガードとしてチームの司令塔としての大きな役割があるが、得点面でも大きく期待されている。また、ミニバス時代から全国の大舞台を経験しており、高校でも全国一を目指したいところだ。

 加えて、運動能力が高く、左右から積極果敢なドライブを繰り出すスコアラーの小笠原彩香(3年)と、身長185センチながら走力もあるセンターの大原咲織(3年)も攻撃のカギを握る。東京成徳大の伝統である破壊力のあるオフェンス力を発揮できれば、対戦相手にとってこれほど怖い対戦相手はない。

 東京成徳大はインターハイの準々決勝で桜花学園高校(高校総体2/愛知県)と対戦、ミニからのライバルである木村と桜花学園の山本麻衣(3年)とのマッチアップは熱を帯び、互いに持ち味を発揮するものとなった。

 結局、桜花学園には83-54で敗退。試合後、遠香周平コーチは「自分たちのプレーを出し切れなかったことが残念だった」と、心の弱さを指摘。ウインターカップでそれを克服したところを見せてくれれば、さらに上位進出が見えてくる。

文=入江美紀雄