2019.11.03

福岡第一が福大大濠を退け優勝、3位決定戦で勝利した祐誠もウインターカップへ

福岡県男子は福岡第一、福大大濠、祐誠の3校がウインターカップへ[写真]=佐々木啓次(写真はインターハイのもの)
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月2日、アクシオン福岡にて「令和元年度福岡県高等学校バスケットボール選手権大会 兼 ウインターカップ2019 2019年度第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会福岡県予選」が行われ、男子決勝戦で福岡第一高校と福岡大学附属大濠高等学校が対戦した。

 福大大濠が6点を先行するも、その後は福岡第一の強固なディフェンスを前に得点が伸びず。15-8の福岡第一リードで第1クォーターを終えると、次の10分間も福岡第一が点差を拡大。34-16で前半を終えた。

 第3クォーターは互いに得点を伸ばすも、福岡第一が相手を上回る21得点を積みあげる。55-34でスタートした最後クォーター、福大大濠は意地を見せ試合終了残り1分52秒で1ケタ点差まで詰め寄る。それでも、最後はクベマジョセフ・スティーブ(3年)の連続ブロックに遭って追いつくまでには至らず。試合序盤のリードを守りきった福岡第一が、最終スコア69-60で優勝を飾った。

 今年の福岡県男子のウインターカップ出場枠は3つ。福岡第一と福大大濠に加え、3位決定戦で中村学園三陽高校に勝利した祐誠高校も出場権を手にした。

 なお、女子は精華女子高校と東海大学付属福岡高校が、福岡県代表としてウインターカップへ出場する。

ウインターカップ2019のバックナンバー