2022.08.07

ラトビア戦へ向けて心境を語った吉田舞衣「チームを少しでも救えるプレーをしたい」

ラトビア代表との三井不動産カップに向けて意気込みを語った吉田[写真]=伊藤 大允
バスケ情報専門サイト

 8月4日、「三井不動産カップ2022(宮城大会)」に向けて強化合宿を行っている女子日本代表FIBAランキング8位)の吉田舞衣※(シャンソン化粧品シャンソンVマジック)がオンライン会見に応じた。

※「吉」は、「土」に「口」

 9月22日からオーストラリアで開催される「FIBAワールドカップ2022」に向けて強化を行っている女子日本代表は、8月11日・12日にFIBAランキング24位のラトビア代表と対戦する。

 ゼビオアリーナ仙台で行われるラトビアとの「三井不動産カップ2022(宮城大会)」について吉田は、「自分の持っている力を出し切って、チームを少しでも救えるプレーをしたいです。チームとしては走ることが強みだと思うので、走って皆さんが楽しめるような試合をできるように頑張ります」と意気込んだ。

 6月に行われた「三井不動産カップ2022(千葉大会)」ではトルコ代表を相手に2連勝を飾り、吉田は初戦で2本の3ポイントを含む8得点、続く第2戦でも2本の3ポイントを含む10得点と存在感を示した。

 日本屈指のシューターである林咲希(ENEOSサンフラワーズ)がケガにより代表に不参加となっているが、恩塚亨ヘッドコーチはその穴を埋める選手として東藤なな子トヨタ紡織サンシャインラビッツ)や平下愛佳トヨタ自動車アンテロープス)に加え、吉田の名前を挙げるなど期待を寄せている。

「キキさん(林のコートネーム)の代わりにはなれないけど、自分にできることはあると思ってやっています。チームのためにできるプレーをやり続けられるように頑張りたいです」

 シャンソンでは高いシュート力を武器に得点を量産している吉田だが、「自分の持っている力や良いところを、出したくても出しきれない苦しいときもある」と代表合宿での苦労も明かした。

 それでも、「シャンソンにいるときと違って代表だと目立つ存在ではないので、1本のシュートや1つのルーズボールなど、小さなことでもやることをやって、チームを見えないところから支えられるようにという気持ちで、こないだのトルコ戦もプレーしました」と語り、チームの勝利に照準を合わせて代表戦に臨んでいるようだ。

BASKETBALLKING VIDEO