2017.11.11

ジョージ・ワシントン大が渡邊雄太を特集、開幕戦は19得点11リバウンド7ブロックの活躍

大学での最後のシーズンがスタートした渡邊[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 渡邊雄太が所属するジョージ・ワシントン大学は11月11日(現地時間10日)、公式HPの『GWsports.com』上に渡邊に関する特集ページを開設した。

 同ページは、今年で最終学年を迎え、チームの主力としてさらなる活躍が期待される渡邊に関するニュースを日本語と英語の両方で掲載。「全米有数の2ウェイプレーヤーとして、NBAでプレーするという夢を追いかける。日本人男子としては史上4人目のカレッジ・ディヴィジョン1・バスケットボール・プレーヤーの軌跡」と書きだし、記事内では渡邉自身が入学当時の苦悩や今季の意気込みを語っているだけでなく、「今季は3人のキャプテンのうちの1人に任命された。“GW”のベストプレーヤーとして、全米に名前をとどろかせるべき時がやって来たのだろう」などと紹介されている。

 なお、渡邊は同日に行われたハワード大学とのシーズン開幕戦で、19得点11リバウンド7ブロックをマーク。チームは84-75で白星スタートを切った。