2019.08.27

『ESPN』が今季の順位を予想、バックスとシクサーズの2強体制か?/イースト編

バックスのアデトクンボ(左)とシクサーズのエンビード(右)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月27日(現地時間26日)、現地メディア『ESPN』は2019-20レギュラーシーズンにおける順位予想を明かした。

 同メディアはNBAの専門家たちの意見を集計した具体的な勝敗数も掲載しており、非常に興味深い内容となっている。

 ここでは、イースタン・カンファレンスの順位予想を見ていきたい。
※チーム名は略称、カッコ内は昨季順位、↑=アップ、→=変動なし、↓=ダウン

■『ESPN』による今季の順位予想(イースト編)
1.バックス:57勝25敗(1位/→)
2.シクサーズ:55勝27敗(3位/↑)

3.セルティックス:48勝34敗(4位/↑)
4.ペイサーズ:46勝36敗(5位/↑)
5.ネッツ:45勝37敗(6位/↑)
6.ラプターズ:45勝37敗(2位/↓)
7.ヒート:43勝39敗(10位/↑)
8.マジック:41勝41敗(7位/↓)
9.ピストンズ:38勝44敗(8位/↓)
10.ホークス:34勝48敗(12位/↑)
11.ブルズ:32勝50敗(13位/↑)
12.ウィザーズ:28勝54敗(11位/↓)

八村が所属するウィザーズは12位という下位予想[写真]=Getty Images

13.ニックス:26勝56敗(15位/↑)
14.ホーネッツ:23勝59敗(9位/↓)
15.キャバリアーズ:22勝60敗(14位/↓)

ラプターズがダウン、バックスとシクサーズによる2強も、ほかは団子レース

 ディフェンディング・チャンピオンのラプターズは、今夏カワイ・レナードというリーグ最高級の選手を失った。スタンリー・ジョンソンやロンデイ・ホリス・ジェファーソンらを獲得し、カイル・ラウリーパスカル・シアカムマルク・ガソルが健在ながら一気に6位へと順位を落とした。

 昨季リーグトップの60勝を挙げたバックスは戦力維持に成功しており、シクサーズもジミー・バトラーをヒートへ放出したものの、ジョシュ・リチャードソンを獲得しており、アル・ホーフォードというベテランビッグマンも加わったことで、バックスとの2強を形成。

ヒートはウェイド(右)が引退したものの、バトラー(左)という強力なリーダーを手に入れた[写真]=Getty Images

 3位以降はほぼ昨季順位と同等のチームがランクインしているのだが、注目はヒートか。バトラーに加えてマイヤーズ・レナード、今季のルーキーでトップシューターという評価を得ているタイラー・ヘロをドラフト指名しており、イーストの注目チームと言っていい。

 プレーオフ出場争いは例年どおり最後まで競り合うことが予想されるものの、チャンスがあるのはピストンズとホークスくらいまでだろう。

 なお、八村塁が所属するウィザーズは12位予想。上位チームと比較して戦力差があることは否めないが、良い意味でこの予想を裏切ってほしいところだ。