2019.11.20

シクサーズのブレット・ブラウンHCがオーストラリア代表の指揮官として東京五輪へ

オーストラリア代表の指揮官として東京オリンピックへ臨むこととなったブラウンHC[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

シモンズがオリンピックに出場すれば、オーストラリアは念願のメダル獲得か?

 11月20日(現地時間19日)、情報筋が『ESPN』へ伝えたところによると、FIBAランキング3位のオーストラリア代表は、来年の東京オリンピックへ向けてブレット・ブラウンがコーチを務めることになったという。

 ブラウンは現在、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのヘッドコーチ(HC)を務めているものの、同国のHCとして2012年のロンドンオリンピックで7位へと導いたほか、アシスタントコーチ(AC)時代を含めて豊富な経験を持つ。

 今夏に中国で行われた「FIBAバスケットボール ワールドカップ2019」(以降、ワールドカップ)で4位に入ったオーストラリア代表には、パティ・ミルズ(サンアントニオ・スパーズ)やジョー・イングルズとダンテ・エクサム(共にユタ・ジャズ)、マシュー・デラベドーバ(クリーブランド・キャバリアーズ)、アーロン・ベインズ(フェニックス・サンズ)といった複数のNBA選手がいる。

 さらに、ブラウンHCが指揮するシクサーズには、オーストラリア出身のベン・シモンズが在籍している。今夏のワールドカップ出場を辞退したシモンズが、来年のオリンピックに出場することになれば、オーストラリアは念願のメダル獲得に手が届くかもしれないだけに、今後の展開に注目していきたい。

ブラウンHC(左)の下でプレーするシモンズ(右)がオーストラリア代表に加われば、大きな戦力アップとなるに違いない[写真]=Getty Images