2020.09.15

エージェントを『Klutch Sports』に変更したロンゾ・ボール「正しい時に決断できた」

キャリア3年目を終えた司令塔のボール[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

ペリカンズの司令塔は今季終了後に延長契約を結ぶ資格を手にする

 9月15日(現地時間14日、日付は以下同)。ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールがビジネス面において重要な決断を下したことを『ESPN』へ語った。

 キャリア3年目を終えた22歳のポイントガードは、今季終了後に延長契約を結ぶ資格を手にする。そこでボールはエージェント会社を変更。今年4月末にラメロ、リアンジェロと共に兄弟で契約した『Roc Nation』から抜け出し、ロンゾは『Klutch Sports』のリッチ・ポールへと変更。

「僕は自分のキャリアを引っ張っていきたかった。そこで最初のプロセスとして、自分の決断として単独で僕を表現することを選んだ。(代理人の変更は)僕にとっては簡単に判断できたことであり、正しい時に決断できた」。

 昨季までの2シーズンをロサンゼルス・レイカーズ、今季をペリカンズでプレーした198センチの長身ポイントガードは、キャリア3年目に平均32.1分11.8得点6.1リバウンド7.0アシスト1.4スティールを残し、3ポイントではいずれも自己最高の数字を記録。

 今季のペリカンズはシーディングゲーム(順位決定戦)を2勝6敗と大きく負け越したことでプレーオフ出場を逃してしまい、アルビン・ジェントリーHC(ヘッドコーチ)を解任。

 今季終了後、デリック・フェイバーズとイートワン・モアが制限なしフリーエージェント(FA)となり、今季MIP(最優秀躍進選手賞)に選ばれたブランドン・イングラムが制限付きFAとなる。

 そのため、ペリカンズのオフの優先事項はイングラムとの再契約になりそう。となると、ボールは来季終了後に制限付きFAになる可能性が十分ある。

 来季ボールが見据える目標はペリカンズのプレーオフ出場、そしてイングラムに続いてMIP獲得争いに加わることだという。

「僕らがプレーオフに進出すれば、MIPは間違いなく僕が来シーズンに手にすることができるものになると思う」とボールは語っており、キャリア4年目として掲げた目標に向かってまい進していくことだろう。