2024.05.10

ウルブズから4人目のアウォード受賞者…カール・アンソニー・タウンズが社会正義賞に選出

タウンズもアウォード受賞となった[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 5月10日(現地時間9日)。NBAは、2023-24シーズンのソーシャル・ジャスティス・チャンピオン(社会正義賞)に、ミネソタ・ティンバーウルブズカール・アンソニー・タウンズが選ばれたことを発表した。

 レジェンドのカリーム・アブドゥル・ジャバー(元ロサンゼルス・レイカーズほか)の名が冠されたこのアウォードは、社会正義を追求し、ジャバーとリーグの平等、尊敬、包括性の価値を支持しようという長年に渡る献身から、最終候補5名のなかからタウンズが選出。

 今シーズンの同アウォードの最終候補はタウンズのほか、バム・アデバヨマイアミ・ヒート)、CJ・マッカラムニューオーリンズ・ペリカンズ)、リンディー・ウォーターズ三世(オクラホマシティ・サンダー)、ラッセル・ウェストブルックロサンゼルス・クリッパーズ)だった。

 ウルブズのオールスタービッグマンは、投票権の推奨に尽力し、元収監者たちの投票権回復に関する超党派の法案可決で重要な役割を担った。また、ウルブズとコミュニティのリーダーとして、タウンズは自身のプラットフォームや声を生かして法案を支持するなど、刑事司法制度における不公平に光を当てた。

 それに加え、タウンズはその他の司法制度や教育制度における重要な問題に対する意識向上という面でも自身のプラットフォームを生かしてきた。さらに、バスケットボールの影響力を政策の促進や戦略パートナーシップの構築、NBA市場における行動推進に生かす全米バスケットボール社会正義連合の理事も務めている。

 これで今シーズンの主要アウォード受賞の発表は終了。あとはオールNBAチーム、オールディフェンシブチームオールルーキーチームの発表のみ。

 そうしたなか、今シーズンにウェスタン・カンファレンス3位の56勝26敗でレギュラーシーズンを終えたウルブズは、タウンズだけでなく、ルディ・ゴベア最優秀守備選手賞ナズ・リード最優秀シックスマン賞マイク・コンリーがトワイマン・ストークス・チームメート賞と、計4選手がアウォード受賞となった。

amily:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る

amily:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;">NBA on ESPN(@nbaonespn)がシェアした投稿

BASKETBALLKING VIDEO