2020.09.23

NBAの来季は“早くても”来年の1月からになるとコミッショナーが明かす

来季について、アダム・シルバーがメディアへ口を開いた[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月31日(現地時間30日、日付は以下同)にフロリダ州オーランドで始まった今季の第二幕は、9月22日を終えた時点でプレーオフのカンファレンス・ファイナルが行なわれている。

 今後のスケジュールとしては、10月1日から最長で14日の期間で今季のチャンピオンを決めるNBAファイナルが開催されることとなる。

 その後はドラフトやフリーエージェント(FA)戦線が繰り広げられる予定なのだが、2020-21シーズンの開幕時期に関しては、二転三転しているというのが現状だ。

 第二幕の開催前、NBA側は来季の開幕を12月2日と通達していた。となると、NBAファイナルを戦った2チームは2か月未満のオフとなり、トレーニングキャンプなどを加味すると実質1か月あるかどうか。そこで先日、複数の現地メディアがクリスマス以降の開幕になる方針だと報道。

 すると9月23日。コミッショナーのアダム・シルバーが『The CITIZEN by CNN 2020 Conference』へ出演し、『CNN』のボブ・コスタスへ現状について“最も可能性が高い推測”として早くても来年1月からシーズンをスタートさせることだと明かした。

 シルバー コミッショナーが来季について何度も話しているのは、通常の82試合のレギュラーシーズンを行うという意向で、第二幕のようにキャンパスと呼ばれる1つの開催地に参戦する全チームを集めて行う形ではないということ。

 激動のシーズンとなった今季も残すところ約1か月。オフシーズンならびに来季に向けてどのような決断を下していくのかは気になるところだ。