2021.05.29

バックスで先発を務めるドンテ・ディヴィンチェンゾが左足首負傷でプレーオフ絶望

バックスはスターターを1人欠くことに[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月29日(現地時間28日、日付は以下同)。ミルウォーキー・バックスは、ドンテ・ディヴィンチェンゾが左足首の靭帯損傷によりプレーオフ全休になることを発表した。

 キャリア3年目のガードは、今季バックスでスターターを務めており、レギュラーシーズンでは66試合の出場で平均27.5分10.4得点5.8リバウンド3.1アシスト1.1スティールを記録。

  

 プレーオフでも3試合すべてに先発出場して平均23.3分プレーしていたものの、2.7得点6.3リバウンド2.7アシスト1.0スティールとショットが不振。そして28日に行なわれたマイアミ・ヒートとのシリーズ第3戦の第2クォーターに同箇所を負傷してしまった。

 マイク・ブーデンホルザーHC(ヘッドコーチ)は「チームにとってタフだけど、プロセスの一環として、不運なこととして受け止めるしかない。でも我々は(次戦に向けて)準備を整えなければならない。他の選手たちが(出場する)機会を手にすることになる」と話している。

 現在バックスは3連勝でファーストラウンド突破に王手をかけている。30日に行なわれる第4戦に勝利できればバックスのスウィープ突破となるのだが、昨季のイースト覇者ヒートが一矢報いることができるのか、注目の一戦となりそうだ。

BASKETBALLKING VIDEO