2024.02.10

NBAがエミレーツ航空とパートナーシップ締結…NBAカップの初代冠スポンサーに

「エミレーツNBAカップ」に名称変更されるインシーズン・トーナメント(現:NBAカップ)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 NBAはアラブ首長国連邦・ドバイを本拠地とする航空会社「エミレーツ航空」と、オフィシャル・エアライン・パートナーとして複数年にわたるグローバル・マーケティング・パートナーシップを締結すると発表した。この提携により、エミレーツ航空はNBAカップ(旧:NBAインシーズン・トーナメント)の初代冠スポンサー、NBA初のオフィシャルレフェリージャージパッチパートナーとなる。

 初代冠スポンサーとなるNBAカップでは同社のロゴが大会用ロゴにデザイン。2月19日(現地時間18日)に開催される「NBAオールスター2024」から、全レフェリージャージにも掲出される予定だ。

 今回の提携について、グループ会長兼最高責任者を務めるシェイク・アハメッド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム氏は「世界中でバスケットボールの人気が高まっているなか、最も世界的に認知され、権威あるプロリーグの一つと協力できることを光栄に思います」とコメント。「NBAは当社のスポンサーシップのポートフォリオに加わる貴重な存在であり、世界中の幅広いファン層とつながることができると考えています」。

 NBA副コミッショナー件最高執行責任者のマーク・テイタム氏は「新しく創造的な手段で正秋中のファンを魅了するNBAの使命を共有できる世界的企業」とタッグを組む航空会社を評価。「毎年エミレーツ航空を利用する何百万もの人々にNBAの魅力を伝えることができると考えています」と、リーグのさらなる人気向上につながるとコメントしている。

 今後、エミレーツ航空の全便でNBAに関する長編ドキュメンタリー、選手プロフィール、インタビューなどのコンテンツが機内エンターテインメントとして視聴できるようになる。スポーツウェアなど公式グッズもエミレーツ航空の公式ストア・公式オンラインショップで購入できるようになり、2024年後半にはコラボレーショングッズの販売も計画しているという。

 なお、エミレーツ航空のロゴは2025シーズンから始まるWNBA、2024-25シーズンから始まるNBA Gリーグでコールする全レフェリーのジャージにも掲出される。

BASKETBALLKING VIDEO