2024.02.11

渡邊雄太が古巣へ合流…ベンチから試合を見守るも、ケガ人続出のグリズリーズは8連敗に

トレードにより古巣へ復帰した渡邊(写真はサンズ所属時のもの)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月11日(現地時間10日)、NBAのレギュラーシーズンが行われ、渡邊雄太が所属するメンフィス・グリズリーズは、シャーロット・ホーネッツとアウェーで対戦した。

 フェニックス・サンズ、ブルックリン・ネッツ、グリズリーズの3チーム間トレードにより、キャリア最初の2シーズンを過ごした古巣へと帰還した渡邊は、この日チームに合流を果たし、ベンチから試合を見守った。

 エースのジャ・モラントをはじめ、デズモンド・ベイン、ブランドン・クラークマーカス・スマートら主力がケガで離脱中のグリズリーズは、ウェスタン・カンファレンス13位の苦しい状況に。第1クォーターを28-25とリードして終えたものの、続く第2クォーターではホーネッツの猛攻を受け、49-58で試合を折り返した。

 相手もイースタン・カンファレンスの13位に沈む下位チームだったが、トレードでホーネッツに加入したバシリイェ・ミチッチ(前オクラホマシティ・サンダー)が18得点9アシスト、グラント・ウィリアムズ(前ダラス・マーベリックス)が15得点8リバウンドを挙げるなど、新戦力が活躍。グリズリーズは後半でも逆転することができず、第2クォーターで開いた点差のまま、106-115で敗れた。

 グリズリーズは、ジャレン・ジャクソンJr.が29得点、GG・ジャクソンが16得点、ビンス・ウィリアムズJr.が14得点8アシスト、サンティ・アルダマとルーク・ケナードが11得点、デリック・ローズが10得点を挙げたものの、8連敗を喫して18勝35敗となった。

■試合結果
シャーロット・ホーネッツ 115-106 メンフィス・グリズリーズ
CHA|25|33|27|30|=115
MEM|28|21|27|30|=106

BASKETBALLKING VIDEO