2024.04.02

昨季のMVPジョエル・エンビードが最短で日本時間3日のサンダー戦から復帰へ

シクサーズの大黒柱が戦列復帰へ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月2日(現地時間1日、日付は以下同)。フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードが、最短で翌3日のオクラホマシティ・サンダー戦で復帰するかもしれないと『ESPN』が報じた。

 直近10戦で4勝6敗と負け越しているシクサーズは、2日終了時点でイースタン・カンファレンス8位の40勝35敗。9位のシカゴ・ブルズ(36勝40敗)と4.5ゲーム差をつけているため、この順位をキープしてレギュラーシーズンを終えれば、プレーイン・トーナメントでプレーオフ出場枠を勝ち取るチャンスを2度手にすることができる。

 1月31日のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦を最後に、エンビードは左ヒザ半月板損傷の修復手術を受けるため戦線離脱。チームはタイリース・マクシートバイアス・ハリスケリー・ウーブレイJr.バディ・ヒールドらが奮戦し、その期間でポール・リード、モー・バンバを先発センターとして起用してきた。

 だが今シーズンのエンビードは平均35.3得点11.3リバウンド5.7アシスト1.1スティール1.8ブロックを残していただけに、昨シーズンのMVPが復帰することで、シクサーズが再び息を吹き返すことができるか注目していきたい。

BASKETBALLKING VIDEO