2024.04.22

王者ナゲッツとの初戦を落としたレイカーズ…ビッグマンのウッドが第3戦で復帰か?

球宴後から欠場が続いていたウッド[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 4月21日(現地時間20日、日付は以下同)に敵地ボール・アリーナで行われた「NBAプレーオフ2024」ファーストラウンド初戦。ロサンゼルス・レイカーズは、デンバー・ナゲッツ相手に前半残り6分5秒の時点で最大12点のリードを手にしていた。

 だが昨シーズンの王者ナゲッツはタイムアウト後に3ポイントシュート2本を皮切りに反撃を開始し、第2クォーター残り2分53秒には同点に追いつく。そこからレイカーズ八村塁オースティン・リーブスが点を取ると、そのたびにニコラ・ヨキッチマイケル・ポーターJr.が加点して同点とするも、最後はレブロン・ジェームズのディープスリーでレイカーズが3点をリードして試合を折り返す。

 ただ、後半に入ってナゲッツはケンテイビアス・コールドウェル・ポープのショットが当たり出し、ヨキッチの効果的な加点もあってリードを広げ、最大15点差をつけるなどレイカーズを突き放し、最終スコア114-103でシリーズ1勝目を手に入れた。

 敗れたレイカーズアンソニー・デイビスが32得点14リバウンド5アシスト4ブロック、レブロンが27得点6リバウンド8アシストと2枚看板が活躍。さらにリーブスとディアンジェロ・ラッセルがそれぞれ13得点、トーリアン・プリンスが11得点、八村が7得点3リバウンドを記録。

 ベンチからプリンス、スペンサー・ディンウィディーゲイブ・ビンセントジャクソン・ヘイズが出場も、得点したのはプリンスのみで、そのほかの3選手はショットを1本も打たずに終わっていた。

 そしてリバウンド数で40-49、特にオフェンシブ・リバウンド数で6-15と圧倒されてしまった。レブロンはナゲッツが誇るフロントコート陣(ヨキッチ、アーロン・ゴードン、ポーターJr.)について「相手は大型なチーム。彼らにはビッグなフロントコート陣がいる。俺たちはもっといい仕事をしなきゃいけない」と語っていた。

 翌22日。そんなレイカーズに1つ朗報が入った。左ヒザを負傷したことで手術を受け、オールスターブレイク以降を全休していたクリスチャン・ウッドが26日のシリーズ第3戦で復帰するプランだと『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者が報道。

 203センチ97キロのウッドは、50試合の出場で平均17.4分6.9得点5.1リバウンドを記録。ナゲッツ戦では2試合で同17.2分5.0得点4.0リバウンドを残しており、ヨキッチへの刺客として期待がかかる。

 23日のシリーズ第2戦はウッド、さらにはジャレッド・バンダービルト(足)、キャメロン・レディッシュ(足首)も欠場ながら、レイカーズとしてはナゲッツから勝利を飾れるよう、少しでも突破口を開いておきたいところだ。

BASKETBALLKING VIDEO