2024.04.22

WOWOW出演の渡邊雄太がプレーオフを分析「ペイサーズが楽しみ」「サンズが優勝してくれたら…」

『WOWOW NBA』のスタジオにゲスト出演した渡邊雄太 [写真] = Getty Images
バスケ情報専門サイト

 4月22日、渡邊雄太メンフィス・グリズリーズ)がアンバサダーを務める『WOWOW NBA』のスタジオにゲスト出演し、プレーオフの展望を語った。

 20日に自身のInstagramでライブ配信を行った渡邊は、6シーズン在籍したNBAの舞台から離れ、2024-25シーズンからBリーグからプレーすることを発表。NBAのレギュラーシーズンでは計213試合に出場し、プレーオフにもトロント・ラプターズ所属時に4試合、ブルックリン・ネッツ所属時に1試合出場した経験を持つ。

 レギュラーシーズンとプレーオフの違いについて聞かれた渡邊は、「全然違いますね。もう強度があまりに違いすぎて、レギュラーシーズンも選手が手を抜いているわけではないと思うんですけど、プレーオフでの迫力というか、僕はなかなかプレーオフでプレータイムをもらえなかったんですけど、ベンチから見ていて『こんなに違うんだ』と、特に最初にプレーオフに出たラプターズのときはかなり衝撃でしたね」とNBA選手ならではの生の声を伝えた。

 ついに、プレーオフの1回戦がスタートしたが、イースタン・カンファレンスの気になるチームや対戦カードを聞かれると、ミルウォーキー・バックス(東第3シード)対インディアナ・ペイサーズ(東第6シード)をピックアップした。

渡邊は元チームメートのシアカムが加入したペイサーズについて熱く語った[写真] = Getty Images

「去年あれだけ強かったバックスに(デイミアン・)リラードがトレードで加入して爆発力はリーグトップだと思っています。ペイサーズは個人的に今シーズン試合してたり見てたりして一番おもしろいチームだったなと感じていますし、トレードでパスカル(・シアカム)を獲得して、元々いいチームではあったんですけど、そこにあれだけいろんなことができるパスカルが加わりました。しかもディフェンスでの強度、激しさがペイサーズはシーズン中から特にすごかったので、それに(タイリース・)ハリバートンやパスカルのオフェンス力があり、見ていて楽しいチームですね。シード的にはバックスが上ですけど、ペイサーズがどういう試合をしていくか楽しみにしています」

 ヤニス・アデトクンボとリラードを擁するバックスが相手だが、渡邊のラプターズ時代のチームメートでもあるシアカムがシーズン途中に加入し、今季自身初のアシスト王に輝いたハリバートン率いるペイサーズの評価はかなり高い様子。

 一方、ウェスタン・カンファレンスでは、デンバー・ナゲッツ(西第2シード)対ロサンゼルス・レイカーズ(西第7シード)のマッチアップについて語った。

「ナゲッツも対戦していてすごく嫌なチームです。バランスがすごくいいんで、レイカーズもやりにくい部分があると思います。レイカーズもシーズン序盤は苦戦している時期もありましたが、終盤はしっかり立て直してプレーオフに向けて準備が整っているなと感じたので、レイカーズが勝っていくことも全然ありえると思っています」

ニコラ・ヨキッチ擁する王者・ナゲッツが相手だが、レイカーズにも勝機はあると語る渡邊[写真] = Getty Images

 レイカーズの主力のひとりとしてプレーする八村塁の活躍にも期待が寄せられるが、「昨シーズンのプレーオフから彼の3ポイントがひとつの武器になってきて、元々ドライブとかはすごく上手な選手なので、そこに3ポイントが加わったことにより、ディフェンスとしては本当に止めるのが難しい。選択肢が増えた分相手はやりにくいので、すごくのびのびプレーできているなと見ていて感じますね」と、渡邊も間近で見てきた八村の成長に触れた。

 また、今シーズン途中まで渡邊が所属したフェニックス・サンズ(西第6シード)についても言及。ミネソタ・ティンバーウルブズ(西第3シード)とのGAME1に敗れたサンズだが、「元々いたサンズへの思いは強いですし、優勝してくれたら僕もチャンピオンリングがもらえるんじゃないかなと期待してるんですけど(笑)、ウルブズがレギュラーシーズンの強さをプレーオフでもしっかり見せてきたなと感じました」と笑顔を見せつつ、古巣への思いを語った。

 今回のゲスト出演は、ロサンゼルス・クリッパーズ(西第4シード)対ダラス・マーベリックス(西第5シード)のGAME1の中継で実施されたこともあり、「ルカ・ドンチッチとクリッパーズの“ビッグ4”がどんなプレーをするのか、ルカへのディフェンスをクリッパーズがどういう風に仕掛けていくんだろうというのは注目したいです」と語った渡邊。

 さらに、「昨シーズンのトレードでカイリー(・アービング)がダラスに入りましたが、彼もネッツで一緒にプレーして楽しい選手でしたし、人間的にも素晴らしい人なので、カイリーがどういうプレーを見せてくれるかも楽しみにしています」と、元チームメートの活躍にも注目しているようだ。

渡邊は昨シーズン途中までカイリー(中央)と共闘した[写真] = Getty Images

 注目試合が目白押しのNBAプレーオフからも、そして渡邊の今後の活躍からも目が離せない。

BASKETBALLKING VIDEO