2022.07.26

アデトクンボ兄弟の最年少アレックスがバックス傘下のGリーグチームへ加入

今年のオールスター期間中のイベントに登場したアレックス[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 7月26日(現地時間25日)。ミルウォーキー・バックス傘下のGリーグチーム、ウィスコンシン・ハードがトレードでアレックス・アデトクンボを獲得したことを発表した。

 バックスには一昨季のファイナルMVPヤニス・アデトクンボ、タナシス・アデトクンボという2人の兄が在籍していることから、バックスという組織にアデトクンボ5人兄弟のうち3人もそろうこととなった。

 20歳のアレックスは203センチ97キロのフォワードで、高校時代をウィスコンシン州にあるドミニカン高校で過ごし、20-21シーズンをスペインのムルシア、昨季はラプターズ905(トロント・ラプターズ傘下のGリーグチーム)でプレー。

 NBAデビューこそ飾っていないものの、今年のオールスターウィークエンド期間に開催されたスキルズチャレンジでヤニス、タナシスと共にアデトクンボ兄弟として参戦していた。

 今季アレックスがNBAデビューを飾ることとなれば、ヤニス、タナシス、コスタスに次いで兄弟4人目のNBA選手となる。

BASKETBALLKING VIDEO