2018.04.24

大阪エヴェッサ、地元出身の今野翔太が通算500試合出場達成「まだまだ僕はできる」

キャリア11年目を迎える33歳の今野 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 大阪エヴェッサに所属する今野翔太が、4月22日に旭川市総合体育館で行われたレバンガ北海道とのB1リーグ第29節第2戦で個人通算500試合出場を達成した。

 大阪府出身で現在33歳の今野は、大阪学院大学卒業後の2007-08シーズンに当時bjリーグの大阪に入団。2013-14シーズンに信州ブレイブウォリアーズへ移籍したが、翌シーズンに大阪へ復帰した。今季は第29節終了時点で39試合の先発を含む53試合に出場し、1試合平均5.6得点を挙げている。

 今野はクラブをとおして「プロバスケットボール選手11年掛けてと達成まで少し時間は掛かってしまいましたが、いつも支えてくれている家族やご声援くださり続けるファン・ブースターのみなさんのおかげで、ここまでプレーし続けることができました。本当に感謝しています。通算500試合達成と言えどもここは通過点ですし、まだまだ僕はできると思っています。これからも、自分らしく、そして明るく前向きなバスケットボール選手でありたいので、引き続き変わらぬご声援よろしくお願いします」とコメントした。

 なお、今野が記録達成した22日の試合は、大阪が81-76で勝利を収めた。

この試合の他の記事