2019.06.08

橋本竜馬が移籍の琉球ゴールデンキングス、ベテランガードの石崎巧が2年契約

2019-20シーズンから2年契約を結んだ34歳の石崎 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 琉球ゴールデンキングスは6月8日、石崎巧との選手契約合意を発表した。2019-20シーズンから2年契約となる。

 石崎は188センチ87キロの体格を誇る34歳のベテランガード。北陸高校、東海大学を経て、2007年に東芝(現川崎ブレイブサンダース)でキャリアを始めた。その後は島根スサノオマジック、ドイツのチームでもプレーし、2004年に三菱電機(現名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)へ加入。2017-18シーズンに琉球へ移籍し、2018-19シーズンは42試合の出場で90得点(1試合平均2.1得点)をマークした。

 琉球での3シーズン目を迎える同選手は、チームの公式HPを通じて「バスケットボール選手にとって、これほどまでにファンに恵まれた環境は琉球をおいて他にありません。この島で、また皆さんとともに戦える喜びを、まずは感じています。そして皆さんに背中を押してもらえるだけの価値がある、そんな存在であり続けるためにも、覚悟を持って新しいシーズンに向けた準備を進めていきます。試合会場で再び皆さんに会える日が、今からとても楽しみです」とコメントした。

 なお、石崎のほか、並里成岸本隆一田代直希の残留が決定済み。須田侑太郎アルバルク東京へ、橋本竜馬レバンガ北海道へ移籍することも決まっている。