2019.10.16

横浜ビー・コルセアーズが三遠ネオフェニックスを下す、田渡凌は27得点7アシストの大活躍

チームを勝利に導いた田渡 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月16日に豊橋市総合体育館でB1リーグ第3節が行われ、横浜ビー・コルセアーズ三遠ネオフェニックスと対戦した。

 前半だけで田渡凌が14得点と爆発すると、レジナルド・ベクトンアキ・チェンバースも活躍。相手のデビン・イーバンクスジェシー・ゴーバンの両外国籍選手に苦しみ中、36-30で試合を折り返した。

 第3クォーターも僅差で進むと、開始4分18秒からジョルジー・ゴロマン、チェンバースの連続3ポイントで49-38と2ケタ点差に拡大。その後も相手にリードを許さず、最終スコア80-71で勝利を収めた。

 田渡が27得点7アシスト、ベクトンが24得点15リバウンド、チェンバースが12得点6アシストをマークし、チームの連勝に貢献した。

■試合結果
三遠ネオフェニックス 71-80 横浜ビー・コルセアーズ
三遠|14|16|20|21|=71
横浜|19|17|23|21|=80

この試合の他の記事