2019.12.05

天皇杯・皇后杯のファイナルラウンド組み合わせ決定! 男子は川崎ブレイブサンダースとアルバルク東京が初戦で激突

天皇杯・皇后杯の抽選会が行われ、篠山竜青、山下健二郎氏、渡嘉敷来夢が登壇した(左から)[写真]=小沼克年
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月5日、都内で「第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」ファイナルラウンドの抽選会が行われた。

 抽選会の前には日本バスケットボール協会(JBA)の三屋裕子会長の挨拶に加え、昨年度優勝チームによる優勝杯返還式を実施。今大会は2次ラウンドで敗退となったが、前回まで天皇杯3連覇を成し遂げた千葉ジェッツから富樫勇樹が、皇后杯6連覇中のX-ENEOSサンフラワーズからは渡嘉敷来夢が参加した。

 続いて、選手を代表して川崎ブレイブサンダース篠山竜青が登壇。

「天皇杯もしばらくチャンピオンから遠ざかっているので、今年は今リーグ戦で勝率もトップ走っていますし、この勢いのまま天皇杯に挑みたいという思いは強いですね。一発勝負なので、そこの怖さはありますし、2次ラウンドも先週戦ってきましたが、本当にトーナメント独特の緊張感がレギュラーシーズンにはないものです。期間は短いですが、しっかり切り替えてやらなければいけないなと思っています」

 いよいよ抽選の時を迎えると、抽選ドロワーは『三代目 J SOUL BROTHERS』の山下健二郎氏が務めた。

ドロワーを務めた山下健二郎氏

 抽選の結果、天皇杯では2次ラウンドで千葉を破ったレバンガ北海道サンロッカーズ渋谷と準々決勝で対戦。昨年ファイナリストの宇都宮ブレックス富山グラウジーズと顔を合わせる。その他の2カードは、川崎vsアルバルク東京滋賀レイクスターズvsシーホース三河に決定した。

 “女王”のJX-ENEOSは初戦でアイシン・エィ・ダブリュ・ウィングスとの対戦が決定。2次ラウンドで東京羽田ヴィッキーズを74-73で退けた山梨クィーンビーズは、デンソーアイリスとの準々決勝を行う。日立ハイテククーガーズは三菱電機コアラーズと、トヨタ紡織サンシャインラビッツはトヨタ自動車アンテロープスと初戦で相まみえる。

 同ラウンドは1月9日から12日の期間、男女ともにさいたまスーパーアリーナで開催される。

【天皇杯ファイナルラウンド組み合わせ】
サンロッカーズ渋谷 vs レバンガ北海道
滋賀レイクスターズ vs シーホース三河
川崎ブレイブサンダース vs アルバルク東京
宇都宮ブレックス vs 富山グラウジーズ

【皇后杯ファイナルラウンド組み合わせ】
山梨クィーンビーズ vs デンソー アイリス
三菱電機 コアラーズ vs 日立ハイテク クーガーズ
トヨタ紡織 サンシャインラビッツ vs トヨタ自動車 アンテロープス
アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス vs JX-ENEOSサンフラワーズ

第95回天皇杯・第86回皇后杯のバックナンバー