2023.11.02

“駐車場問題”解決で観客増へ…B1信州も「akippa」と提携

国内外のバスケ情報をお届け!

 B1中地区の信州ブレイブウォリアーズは11月2日、駐車場予約アプリ「akippa(あきっぱ)」を運営するakippa株式会社と提携したことを発表した。

「akippa」とは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など、空いているスペースに15分単位でネット予約して駐車できるサービス。誰でも簡単に駐車場のシェアが可能となっており、ドライバーは、Webやスマホアプリから予約・事前決済して利用することができる。

 同アプリは広島ドラゴンフライズ川崎ブレイブサンダース富山グラウジーズなどBリーグの複数チームと提携している実績があり、観戦客の多くが車で来場するという信州も、駐車場不足を解消するために提携に至ったようだ。

 現在は、ホワイトリング砂利駐車場(230台)、真島砂利駐車場(350台)、その他臨時の駐車場を含めた有料駐車場、ホワイトリングから長野駅やその他拠点との無料往復シャトルバスの運用を行っている信州。

 2026年からスタートする「B.LEAGUE PREMIER(Bプレミア)」参入条件となる1試合も入場者数平均4000人を達成するためにも、今シーズンは「akippa」駐車場のスペース250台分の確保に向けて取り組んでいくとしている。

BASKETBALLKING VIDEO