2023.01.09

宇都宮ブレックスU15の加藤駿が合計得点と3P成功数で首位に/Jr.ウインターカップ男子個人成績

チームは準々決勝で敗れ、4試合の出場にとどまったが、3P成功数と合計得点で2冠を達成した加藤[写真]=バスケットボールキング
バスケ情報専門サイト

 1月4日から8日にかけて、武蔵野の森総合スポーツプラザで「Jr.ウインターカップ2022−23 2022年度 第3回全国U15バスケットボール選手権大会」が開催。日本バスケットボール協会は、大会終了時点での男子個人累積記録ランキングを発表した。

 合計得点、合計リバウンド、合計アシスト、合計スティール、合計ブロック、3ポイントシュート成功数、3ポイントシュート成功率の7部門を紹介する。

Jr.ウインターカップ(男子)個人累積記録ランキング】

※同数で並んだ場合は1試合平均順

■得点
1位:加藤駿(宇都宮ブレックスU15)113(平均28.3)
2位:勝又絆(ライジングゼファー福岡U15)108(平均18.0)
3位:佐藤凪(横浜ビー・コルセアーズU15)83(平均16.6)
4位:渡部開(HANABUSA T.B.C)78(平均19.5)
5位:宮本聡(京都精華学園中学校)70(平均14.0)

■リバウンド
1位:阿部翔温(京都精華学園中学校)63(平均12.6)
2位:勝又絆(ライジングゼファー福岡U15)53(平均8.8)
3位:大越海藍(横浜ビー・コルセアーズU15)51(平均10.2)
3位:冨永蓮太(ライジングゼファー福岡U15)51(平均8.5)
5位:白谷柱誠ジャック(四日市メリノール学院中学校)44(平均11.0)

■アシスト
1位:宮本聡(京都精華学園中学校)38(平均7.6)
2位:帶谷潤太郎(宇都宮ブレックスU15)28(平均7.0)
3位:榎木璃旺(四日市メリノール学院中学校)26(平均6.5)
4位:宮本耀(京都精華学園中学校)23(平均4.6)
5位:浦野広大(HANABUSA T.B.C)22(平均5.5)
5位:渡部開(HANABUSA T.B.C)22(平均5.5)

■スティール
1位:小田嶌秋斗(NOSHIRO BASKETBALL ACADEMY)14(平均4.7)
2位:宮本聡(京都精華学園中学校)13(平均2.6)
3位:蓑手海叶(四日市メリノール学院中学校)12(平均3.0)
3位:西本圭汰(京都精華学園中学校)12(平均2.4)
5位:村岡遥斗(山形ワイヴァンズU15)11(平均3.7)
5位:北本慶志(Jamaney Youth)11(平均3.7)

■ブロック
1位:勝又絆(ライジングゼファー福岡U15)16(平均2.7)
2位:住友笑恵人(京都精華学園中学校)11(平均2.2)
3位:九十田晃海(横浜ビー・コルセアーズU15)10(平均2.0)
4位:田頭悠悟(HANABUSA T.B.C)9(平均2.3)
4位:阿部翔温(京都精華学園中学校)9(平均1.8)

■3ポイントシュート成功数
1位:加藤駿(宇都宮ブレックスU15)17(平均4.3)
2位:岸川藍佑(佐賀バルーナーズU15)11(平均3.7)
2位:宮本耀(京都精華学園中学校)11(平均2.2)
4位:小野蓮太(名古屋ダイヤモンドドルフィンズU15)10(平均3.3)
4位:松田一晟(光市立島田中学校)10(平均3.3)

■3ポイントシュート成功率
1位:松田一晟(光市立島田中学校)50.0パーセント(10/20)
2位:平田成(Furuta kings)45.5パーセント(5/11)
2位:阿部真冴橙仙台89ERS U15)45.5パーセント(5/11)
4位:金子來樹(B.FORCE愛媛)41.7パーセント(5/12)
4位:佐藤汰頼(横浜ビー・コルセアーズU15)41.7パーセント(5/12)

※同数で並んだ場合は試投数の多い順に掲載、今大会の累積試投数が10本以上の選手が対象

BASKETBALLKING VIDEO