2019.09.04

日本、米国戦を前に2次ラウンド進出の可能性が消滅…順位決定戦へ

アメリカとの最終戦を前に順位決定戦へ進むことが決まった日本代表 [写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月3日に中国で「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の1次ラウンド第2戦が行われた。

 グループEでは、日本代表(FIBAランキング48位)がチェコ代表(同24位)に76-89で敗れ、アメリカ代表(同1位)がトルコ代表(同17位)に93-92で勝利を収め、アメリカが4ポイント、チェコとトルコが3ポイント、日本が2ポイント(※勝:2ポイント、負:1ポイント)に。最終戦ではチェコとトルコが対戦するため、日本はアメリカとの第3戦を前に2次ラウンド進出の可能性が消滅した。

 2次ラウンド進出を逃したものの、アメリカ戦、その後の順位決定戦で世界を驚かすような試合に期待したい。

 第2戦終了時点におけるグループEの順位表は以下のとおり。

■グループE
1位:アメリカ(2勝0敗/181得点159失点/4ポイント)
2位:トルコ(1勝1敗/178得点160失点/3ポイント)
3位:チェコ(1勝1敗/156得点164失点/3ポイント)
4位:日本(0勝2敗/143得点175失点/2ポイント)