2020.09.14

【Wリーグ開幕特集/注目選手】山梨クィーンビーズ・若原愛美「チームの中で誰よりもハードワークと努力をする!」

山梨QBの若原愛美は当たりにも負けない強さを持つ
国内外のバスケ情報をお届け!

取材・文=田島早苗
写真=Wリーグ、バスケットボールキング編集部

 9月18日より開幕する第22回Wリーグ。先シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で中断となり、公式戦は今年2月23日以来となる。バスケットボールキングでは新たに始まるシーズンに向け、全12チームの注目選手にインタビューを行い、シーズンに向けての思いを聞いた。

 第20回は昨シーズン・レギュラーシーズン10位の山梨クィーンビーズから若原愛美。アグレッシブなプレーが身上の2年目プレーヤーはチームの元気印でもある。

――昨シーズンはルーキーイヤー。初めてのWリーグでの手応えは感じましたか?
若原 はい。手応えをつかめたところもあったので、(新型コロナウイルス感染症の影響で)シーズンが中断してしまったのは残念でした。シーズン終盤は、シュートの面で通用するようになったかなと思います。

――逆にトップリーグの壁を感じたところはありましたか?
若原 やっぱり高さですね。ENEOS(サンフラワーズ)やデンソー(アイリス)といったチームの、高さのあるディフェンスに苦しめられました。レイアップシュートに行く時に少し躊躇してしまったり、大学では通っていたパスが通らなかったり…。ブロックショットも最後の最後まで跳んで来るので、そういったところは大学までとは違うレベルだなと感じました。

――初めてのWリーグでの戦いはどのように感じましたか?
若原 まずWリーグでプレーするということが小さい頃からの夢だったので、昨シーズンはすごく良い経験になりました。背が小さくてもWリーグで通用すると感じられたこともすごくプラスになったと思います。

――チームとしても伊與田好彦ヘッドコーチがやりたいバスケットを表現できていたと感じます。
若原 私もプレーしていてそう感じました。伊與田さんはディフェンスを意識していて、それができていたから勝てたゲームもあったと思うので、そこの考えは浸透していると思います。その分、昨シーズンを経ての今シーズンは、個人的にもめちゃめちゃ楽しみです。今シーズンはもう勝つしかないです!

――昨シーズンの成績はどのように捉えていますか?
若原 ベスト8という目標が果たせなかったので、それはすごく悔しくて。『今シーズンこそは絶対』という気持ちがすごく強いです。

――個人として、このチームでの役割は?
若原 プレー面でいうとハードなディフェンスやオフェンスでは点を取ることだと思います。それに私がチームの中心となって、動いていかなければいけないとも感じています。

――若原選手はムードメーカー的な存在だと思います。
若原 チームのみんなが優しいですし、自分自身がハイテンションでいられるのも自分がワァーと盛り上げたら、みんなも乗ってきてくれるからだと思っています。チームのみんなといてすごく楽しいです。

――山梨での生活は慣れましたか?
若原 慣れましたけど、夏はめちゃめちゃ暑いです(笑)

――Wリーグには桜花学園高校の先輩も多いので、刺激を受けるのではありませんか?
若原 本当にどのチームにも先輩がいますからね。あこがれもあるし、負けたくないという気持ちも、早く追いつきたいという気持ちもあります。

――実際にマッチアップした先輩もいたと思います。
若原 トヨタ(自動車アンテロープス)だと、三好(南穂)さんや後輩のステ(馬瓜ステファニー)、水島(沙紀)さんともマッチアップしたので…結構いますね。うまいし、すごいなと感じます。早く追いつきたいです。

――最後に2年目のシーズンに向けての抱負をお願いします。
若原 今シーズンは勝ちにいきます。自分自身、チームの中で誰よりもハードワークをして、努力をして、チームの勝ちをつかめるように日頃の練習から頑張っていきたいです!

笑顔でチームを盛り上げる若原[写真]=Wリーグ

Wリーグ開幕特集のバックナンバー

連載の一覧を見る