2024.02.01

マルク・ガソルが現役引退…NBAで13シーズンにわたってプレー、スペイン代表としても活躍

引退を発表したマルク・ガソル [写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 2月1日(現地時間1月31日)、マルク・ガソル(バスケット・ジローナ)が現役引退を表明した。

 1月29日に39歳の誕生日を迎えたガソルは、211センチ116キロのセンター。母国のスペインでキャリアを始め、2008年にメンフィス・グリズリーズNBAデビューを飾った。2018-19シーズン途中にトロント・ラプターズへ移籍すると、同球団のNBA初優勝に貢献。ロサンゼルス・レイカーズでプレーした2020-21シーズンまで、NBA通算13シーズンで891試合出場、1試合平均14.0得点7.4リバウンド3.4アシスト1.4ブロックを記録した。2021年からはスペインのバスケット・ジローナでプレーしていた。

 NBAではオールスターに3度選出され、2013年には最優秀守備選手賞を受賞。兄のパウ・ガソル(グリズリーズほか)とともにスペイン代表としても活躍し、2006年、2019年のワールドカップ(前世界選手権)で優勝を飾り、2008年、2012年のオリンピックで銀メダルを獲得した。

東京オリンピックでは日本代表とも対戦 [写真]=Getty Images

『Bleacher Report』によると、グリズリーズはガソルの背番号「33」を永久欠番にする予定だという。

BASKETBALLKING VIDEO