2019.03.09

渡邊雄太が17得点11リバウンドの“ダブルダブル”、ハッスルの勝利に大きく貢献

”ダブルダブル”をマークした渡邊雄太 [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月9日(現地時間8日)、メンフィス・グリズリーズと2way契約を結ぶ渡邊雄太が、メンフィス・ハッスルの一員としてサンタクルーズ・ウォリアーズ戦に先発出場した。

 第1クォーター開始3分22秒、リバウンドからプッシュし、ジャンプシュートを沈めてこの日初得点を記録した渡邊。同4分38秒にはダンクを決め、このクォーターで4得点をマークした。5点リードで迎えた第2クォーターは1本シュートを沈め、チームは60-44で試合を折り返した。

 渡邊は第3クォーター開始1分54秒に、この日初の3ポイントシュートを沈めると、次第にペースをつかみこのクォーターだけで11得点をマークした。12点リードで迎えた最終クォーターはさらにリードを広げ、最終スコア109-94で試合終了。

 渡邊は約36分間の出場で、計17得点11リバウンドの“ダブルダブル”の活躍を見せ、ハッスルの勝利に大きく貢献した。