2017.06.25

カイリー・アービング、WNBAで活躍する親友同士の対決を観戦

ストームvsマーキュリーを観戦したキャブスのカイリー・アービング [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 6月24日(現地時間23日)にキーアリーナでWNBAのシアトル・ストームvsフェニックス・マーキュリーが行われた。この試合を、マーキュリーに所属するダイアナ・トーラジとストームに所属するスー・バードを親友に持つクリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングが観戦した。

 現地メディア『USA TODAY』によると、アービングは試合後、選手たちとコミュニケーションをとったという。また、自身のSnapchatをとおして「すべての女性を見なければならないし、彼女たちについていかなくてはならない。しかし、何より大切なことは素晴らしい試合のためのサポートだ」とコメント。「娘が成長し、今日プレーした選手たちやこれまでプレーしてきた選手たちのようになるのが待ちきれない」とエリザベスちゃんの将来に期待を寄せた。

 アービング以外にも、ドワイト・ハワード(シャーロット・ホーネッツ)やヒューストン・ロケッツなどで活躍したディケンベ・ムトンボ氏も観戦に訪れた。

 なお、試合は両チーム最多タイの25得点を挙げたトーラジの活躍もあり、85−82でマーキュリーが勝利。ストームに所属する日本代表の渡嘉敷来夢は6分間出場した。