2017.09.01

トレード正式決定のカイリー、クリーブランドは「かけがえのない場所」

6年間過ごしたキャブスを去るカイリー・アービング[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 トレードによりクリーブランド・キャバリアーズからボストン・セルティックスへの移籍が正式決定したカイリー・アービングが9月1日(現地時間8月31日)、自身のInstagramにてキャブスの本拠地であるクリーブランドへ向けてメッセージを投稿した。

"My special thank you to Cleveland" *Link in Bio. My love extends way beyond the court I have for Cleveland and it will always be a place thats special because of the great people and experiences. The Ups and downs, we stand and fight no matter what the circumstances are, and that's what being in Cleveland embodies, it is all Love and a whole lotta pride. To the incredible individuals I've met who support the Cleveland organization and help allow us as Players to feel a special bond to the State/City and shared countless moments with, keep being YOU and know that my appreciation is eternal. Thank you From my whole being for being there as I was a 19 year old kid coming into the league, to now where I start another step in the journey as a 25 year old Evolving man. It will Always be Love and respect Cleveland. "The journey is always the Reward" #KyrieWick

A post shared by Kyrie Irving (@kyrieirving) on

 2011年のルーキーイヤーから計6シーズンをクリーブランドで過ごしたカイリーは、「クリーブランドに対する愛はコートの中だけにとどまらない。素晴らしい人たちがいて、私に最高の経験をさせてくれたクリーブランドは、これからも私にとってかけがえのない場所になるでしょう」と振り返った。

 また、「いい時も悪い時も私たちはともに戦い、その姿勢に大きな愛と誇りを感じています。あなたたちには、いつまでもそのままでいてもらいたいし、クリーブランドへの感謝の気持ちは永遠に持ち続けます」と、ファンへ言葉を送った。

 最後に、「私がリーグに来てまだ子どものようだった19歳の頃から、25歳のまともな男に成長できるまで支えてくれて本当に感謝しています。これからもクリーブランドには愛と尊敬の気持ちしかありません。この旅は、僕にとってこれからも大きな財産となります」とつづった。