2017.11.05

フランチャイズ記録を打ち立てたカイリーがセルティックスをけん引

フランチャイズレコードを打ち立てたカイリー・アービング[写真]=Getty Images

 ボストン・セルティックスが11月4日(現地3日)に行われたオクラホマシティー・サンダーとの試合で、一時18点差あったビハインドを巻き返し勝利。この結果NBA史上初となる開幕2連敗からの7連勝を達成した。セルティックスは、同日オーランド・マジックがシカゴ・ブルズに敗れたことで、リーグ単独首位に躍り出ることになった。

 今季のオープニングナイトとなったクリーブランド・キャバリアーズとの試合で、今夏に加入したゴードン・ヘイワードが、試合開始約5分で負傷退場。左足首を脱臼に加え左脛骨を骨折し、シーズンアウトとなってしまった。その影響もあり、開幕2連敗を喫していたが、10月20日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で初勝利を収め、そこから7連勝。7試合でチームは平均103.7得点、90.6失点の好成績を記録している。

新天地で存在感を確実に大きくしているアービング[写真]=Getty Images

 また、新加入ながらチームを牽引しているカイリー・アーヴィングが、セルティックスの一員として最初の8試合で174得点を記録。2007年にケビン・ガーネットが記録した173得点というこれまでの記録を抜き、フランチャイズレコードを樹立した。アーヴィングは、11月1日(現地10月31日)に行われた、サクラメント・キングス戦で22得点5アシストをマークし、チームを勝利に導くとともに、今夏から在籍することとなった伝統あるチームで早速新たな記録を作ることとなった。

 11月3日現在、1試合平均22.1得点に加えて、5.7アシスト、2.6スティールの数字を残しており、NBA記録の7連勝目をあげたサンダー戦では、後半だけで22得点を記録し、新チームでも持ち前のクラッチ力も発揮し、エースとして活躍中だ。

 ヘイワードがシーズンアウトではあるものの、ジェイレン・ブラウンやジェイソン・テイタムがフォワードのポジションで、ヘイワードの穴を埋める以上の活躍を見せていることに加え、開幕から離脱していた、マーカス・モリスも復帰。その他の選手も戦力となり、素晴らしいチームバスケットを見せている。昨季イーストのプレイオフに出場したチームらがなかなか勝ち星を伸ばせない中で、着実に勝ち星を重ねリードしていきたいところだろう。

アグレッシブなプレーを見せるジェイレン・ブラウン[写真]=Getty Images

文=中野知馬