2018.06.13

ウォリアーズが地元オークランドで優勝パレードを開催

自身3度目の優勝を手にしたカリー[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

来季狙うのは02年以来となるNBA3連覇

 6月13日(現地時間12日)、ゴールデンステート・ウォリアーズが、カリフォルニア州オークランドにて、優勝パレードを行った。

 直近4シーズンのうち3度目の優勝を飾ったウォリアーズの選手たちが、パレードに集まった大勢のファンの前に姿を現し、ファンと共に優勝を祝福。

 この日のステフィン・カリーは、“RUN TMC”のキャップをかぶって登場。これは1990年代序盤、ドン・ネルソンHCの下でラン&ガンを展開したティム・ハーダウェイ、ミッチ・リッチモンド、クリス・マリン(いずれも元ウォリアーズほか)の頭文字を取ったもの。1980年代から人気を博したヒップホップ・グループ“RUN-D.M.C.”から連想して名付けられた。

 90年代のウォリアーズは、爆発的な得点力を駆使して50勝以上を挙げたシーズンこそあったものの、プレーオフでは2012年までカンファレンス・セミファイナル止まり。優勝を狙える戦力ではなかった。

 それが13年以降、ウォリアーズは毎年プレーオフに進出し、4年連続でウエスタン・カンファレンスを制してNBAファイナルへ進出しており、4年間で3度目のチャンピオンシップを勝ち取っている。

 今回の優勝パレード前に行われたショートインタビューで、カリーはこんな言葉を残している。

 「僕らがパレードをすることができるだなんて、本当に想像していなかった。しかもそれが2度、3度もできるなんてね。でも僕らはどん欲になって、もっと多くの優勝を勝ち取るつもりさ」。

優勝パレードに集結したウォリアーズの選手たち[写真]=Getty Images

 今は優勝という最高の栄誉を十分かみしめてもらい、約8か月にもおよんだシーズンの疲労を回復させ、新たなシーズンに向けて休息してほしいものである。

 来季カリー率いるウォリアーズが狙うのは、00年から02年にかけてロサンゼルス・レイカーズが達成して以降、どのチームも成し遂げていない“3連覇”となる。今後ロースターが多少変動するかもしれないが、ターゲットが変わることはない。今季の覇者ウォリアーズがオフシーズンに見せる動きにも注目だ。