2018.06.27

クリッパーズ指揮官の息子オースティンがゴータットとのトレードでウィザーズへ移籍

今季のリバースは自己ベストとなる平均15.1得点4.0アシストを挙げていた[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

契約最終年を迎えるリバースとゴータットによるトレードが成立

 6月27日(現地時間26日)、現地メディア『ESPN』はロサンゼルス・クリッパーズとワシントン・ウィザーズの両チーム間でトレードが成立したと報じた。

 同メディアによると、クリッパーズでコンボガードを務めたオースティン・リバースがウィザーズへ、ビッグマンのマーチン・ゴータットがクリッパーズへ移籍することになるという。また、両選手とも契約は来季までで、来夏は制限なしフリーエージェント(FA)となる。

 キャリア6年、25歳のリバースはここ3シーズン以上、クリッパーズで指揮官を務める父ドックの下でプレー。クリッパーズでは243試合に出場し、平均26.2分11.1得点2.1リバウンド2.5アシスト。今季は61試合に出場し、いずれもキャリアベストとなる平均33.7分15.1得点2.4リバウンド4.0アシスト1.2スティールをマーク。

指揮官である父ドック(左)と息子オースティン(右)による親子タッグは3シーズン以上続いたが、このトレードで終わりを迎えた[写真]=Getty Images

 ウィザーズにはジョン・ウォールブラッドリー・ビールというオールスターデュオがおり、ベンチにも成長株の司令塔トーマス・サトランスキーがいる。リバースはビールの控え、さらにはコンボガードとしてプレーすることになりそうだ。

 一方、ゴータットはキャリア11年を誇る34歳のベテラン。ポーランド出身のセンターで、ここ5シーズンはウィザーズの先発センターとし計402試合に出場し、平均29.8分11.6得点9.2リバウンド1.1ブロックを記録。今季はここ5シーズンで最も短いプレータイム(平均25.3分)となり、平均8.4得点7.6リバウンドに終わっていた。

インサイドにおけるダーティワークやスクリーンのセットなどに定評のあるゴータット[写真]=Getty Images

 クリッパーズは今年のドラフトでシェイ・ギルジアス・アレクサンダー、ジェローム・ロビンソンという2人のガードを指名しており、ミロシュ・テオドシッチがプレーヤーオプションを行使して残留。パトリック・ベバリーはチームオプションのため未確定だが、残留する可能性が十分ある。そのため、リバースは来季、十分なプレータイムを得る保障がなかった。

 クリッパーズには元オールスターのディアンドレ・ジョーダンと、29歳のボバン・マリヤノビッチという2人のセンターがいるものの、ジョーダンはプレーヤーオプションを破棄して今夏制限なしFAになる可能性が残されており、その保険としてゴータットのような実績のあるベテランを獲得できたのは大きい。

 もっとも、リバースとゴータットは契約最終年。トレードで移籍後にチーム側と合意の上でバイアウトになる可能性もありそうだ。