2019.06.11

デュラント負傷退場のウォリアーズ、ラプターズに競り勝ちシリーズ2勝目

要所で3ポイントを決め、31得点をマークしたカリー [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 6月11日(現地時間10日)にNBAファイナル2019の第5戦がスコシアバンク・アリーナで行われ、トロント・ラプターズとゴールデンステイト・ウォリアーズが対戦した。

 3勝1敗と初優勝に王手をかけているホームのラプターズ。カイル・ラウリー、ダニー・グリーン、カワイ・レナードパスカル・シアカムマルク・ガソルの5人が先発出場した。

 一方、後がない2連覇中のウォリアーズは、ケビン・デュラントがヒューストン・ロケッツとのウエスタン・カンファレンス・セミファイナル第5戦以来の出場。ステフィン・カリークレイ・トンプソン、アンドレ・イグダーラ、ドレイモンド・グリーンとともにスターティングファイブに名を連ねた。

 試合序盤、ウォリアーズは約1カ月ぶりに戦列復帰したデュラントのほか、トンプソン、カリーの3ポイントなどで得点を記録し、ラプターズはガソルのインサイドやフリースローを中心に加点。第1クォーターは34-28とウォリアーズが6点のリードを奪った。

 第2クォーターは開始2分14秒、ウォリアーズにアクシデント発生。約12分間の出場で11得点2リバウンド1ブロックを挙げていたデュラントが、1対1を仕掛けた際に右足を痛め、チームメートの肩を借りながらロッカールームへ下がった。リーグ屈指のスコアラーを失ったウォリアーズだったが、同3分48秒にデマーカス・カズンズの3ポイントで46-35と点差を2ケタに。

復帰初戦で再びアクシデント [写真]=Getty Images

 追いかける立場となったラプターズは激しいディフェンスで相手のミスを誘発。グリーンのテクニカルファウルやカリーのターンオーバーを誘い、ガソルの3ポイントやフリースロー、レナードのジャンプショット、シアカムのレイアップで点差を縮め、62-56で試合を折り返した。

 第3クォーター序盤に75-63と再び2ケタのビハインドを背負ったラプターズは、フレッド・バンブリートの3ポイントなどで反撃。レナードの得点が伸び悩む中、84-78と6点差のまま最後の12分間に突入した。

 勝負の最終クォーターも得点の入れ合いが繰り広げられたが、ここまで影を潜めていたレナードが終盤に“ゾーン”に入る。95-93で迎えた残り5分13秒に逆転の3ポイントを沈め、同4分6秒にも長距離砲を成功。同3分28秒にジャンプショットを沈め、97-103とラプターズが6点のリードを奪った。ウォリアーズも負けじとカリー、トンプソンが連続3ポイント。試合終了残り56秒に106-103と試合をひっくり返した。

試合終盤、連続得点を挙げたレナード [写真]=Getty Images

 106-105で迎えた試合終了間際、ラプターズは最後のオフェンスでラウリーがシュートを失敗。ウォリアーズがシリーズ2勝目を挙げた。

 なお、第6戦は14日(同13日)に行われる。