2019.08.03

今年のクリスマスゲーム5カードが決定? レブロンは歴代2位の14度目が濃厚か

レブロン(写真)はコービーに次ぐ歴代単独2位となる14度目のクリスマスゲームに[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月3日(現地時間2日)、2019-20レギュラーシーズンのクリスマスゲームとして行われる5カードを『ESPN』が報じた。

 リーグの情報筋が同メディアのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者とティム・マクマホン記者、マリカ・アンドリューズ記者へ伝えた内容をまとめると、今年12月26日(同25日)に開催される注目の5カードは下記のとおり。
※チーム名は略称、右側がホーム(カッコ内はアリーナ名、ただし、ロサンゼルス対決は除外)

■2019-20 クリスマスゲーム
レイカーズ×クリッパーズ(ステープルズ・センター)
ペリカンズ×ナゲッツ(ペプシ・センター)
セルティックス×ラプターズ(スコシアバンク・アリーナ)
ロケッツ×ウォリアーズ(チェイス・センター)
バックス×シクサーズ(ウェルズ・ファーゴ・センター)

注目のLA対決をはじめ、東西のライバルチームによる激突が実現

 やはりなんと言っても注目なのはレイカーズとクリッパーズによるLA対決。コービー・ブライアント(元レイカーズ/16回)に次ぐ歴代2位となる通算14度目のクリスマスゲームを迎えるレブロン・ジェームズを筆頭に、新加入のアンソニー・デイビスデマーカス・カズンズ、ダニー・グリーンらを擁するレイカーズと、カワイ・レナードポール・ジョージを加えて一躍タレント軍団と化したクリッパーズの対戦は、世界中で大きな注目を集めるに違いない。

レイカーズはデイビス(左写真)、クリッパーズはレナードとジョージ(右写真)というスーパースターを加えた[写真]=Getty Images

 そのほかでは、今年のドラフト全体1位指名のザイオン・ウィリアムソンが所属するペリカンズが豪華戦力を有するナゲッツと、ケンバ・ウォーカーが加入したセルティックスは、昨季の覇者ラプターズと対戦。ラプターズは2001年以降初のクリスマスゲームに。

 また、過去2年連続プレーオフで激戦を繰り広げているロケッツとウォリアーズが、今季ベールを脱ぐウォリアーズの新たなホームで、昨季のシーズンMVPヤニス・アデトクンボ率いるバックスは、イースタン・カンファレンスのライバルでジョエル・エンビードベン・シモンズにアデトクンボへ好ディフェンスを見せてきたアル・ホーフォードを加えたシクサーズと一線を交えることとなる。

 ちなみに、現地メディア『The Ringer』のケビン・オコナー記者がリーグの情報筋から聞いた話によると、今季の開幕は10月23日(同22日)。昨季より約1週間遅れで幕を開けることになるという。この要因の1つに、「FIBAバスケットボール ワールドカップ2019」が9月中旬まで行われることが挙げられる。

 各チームの開幕カードやレギュラーシーズンのスケジュールなどは、今月中に随時発表されることになりそうだ。 

優勝候補に挙がるバックス。大黒柱アデトクンボは敵地でライバルのシクサーズと戦う[写真]=Getty Images