2020.01.26

八村塁がウィザーズの全体練習にフル参加、待望の戦列復帰は2月上旬か

八村の復帰は着実に近づいている[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

八村の復帰は日本時間1月31日から始まるホーム6連戦のいずれかが濃厚

 1月26日(現地時間25日、日付は以下同)。アウェー4連戦中のワシントン・ウィザーズがチーム練習を行った。

 ウィザーズは27日にアトランタ・ホークス戦、29日にミルウォーキー・バックス戦が控えている中、スコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)が現地メディアの前で八村塁について語った。

「塁が今日の全体練習に初めてフルで参加した。コーチたちとコンタクトを取り入れた練習もした。我々が毎日メニューを増やしている中、違和感を感じていないから、(復帰へ向けて)順調に進んでいる」。

 ただし、キャリア2年目でオールスターのスターター入りを果たしたトレイ・ヤング擁するホークス戦、昨季のシーズンMVPヤニス・アデトクンボ率いるバックス戦で復帰することはないという。

「コンディションはまだまだだから、焦らず調整してほしい。何か突然、問題でも起きない限り、オールスター前の復帰はあるだろう」と指揮官が語っていたことから、八村は31日のシャーロット・ホーネッツ戦から始まるホーム6連戦のどこかで復帰することが期待できる。

 ウィザーズは2月上旬に、ブルックリン・ネッツ戦(2日)、ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦(4日)、ダラス・マーベリックス戦(8日)、メンフィス・グリズリーズ戦(10日)、シカゴ・ブルズ戦(12日)が組まれているのだが、ブルズ戦までに八村が復帰する見込みというのが現状だろう。

 ちなみに、ウィザーズは2月以降に行われるホームゲーム20試合のうち、13試合で来場したファンへチームと選手に関連したグッズを手渡すことを発表。4日のウォリアーズ戦では八村のTシャツ、3月26日のフェニックス・サンズ戦では桜のデザインを台座に取り入れたバブルヘッド人形(いずれも先着1万名)がギブアウェイとして来場したファンの手に渡ることとなる。

 2月8日に22歳を迎える八村が、ウォリアーズ戦で復帰できるかは不透明ながら、ホームのキャピタル・ワン・アリーナへ姿を現すことは間違いない。日本のバスケットボール界の期待を背負う至宝の動向に、今後も注目していきたいところだ。