2020.06.27

NBA2019-20シーズン第二幕スタート時順位表(7月31日時点)

国内外のバスケ情報をお届け!

★イースタン・カンファレンス順位表

1.ミルウォーキー・バックス 53勝12敗
2.トロント・ラプターズ 46勝18敗
3.ボストン・セルティックス 43勝21敗
4.マイアミ・ヒート 41勝24敗
5.インディアナ・ペイサーズ 39勝26敗
6.フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 39勝26敗
7.ブルックリン・ネッツ 30勝34敗
8.オーランド・マジック 30勝35敗
…………………………………………………………………………………………………………………………………
9.ワシントン・ウィザーズ 24勝40敗
10.シャーロット・ホーネッツ 23勝42敗
11.シカゴ・ブルズ 22勝43敗
12.ニューヨーク・ニックス 21勝45敗
13デトロイト・ピストンズ 20勝46敗
14.アトランタ・ホークス 20勝47敗
15.クリーブランド・キャバリアーズ 19勝46敗

★ウェスタン・カンファレンス順位表

1.ロサンゼルス・レイカーズ 49勝14敗
2.ロサンゼルス・クリッパーズ 44勝20敗
3.デンバー・ナゲッツ 43勝22敗
4.ユタ・ジャズ 41勝23敗
5.オクラホマシティ・サンダー 40勝24敗
6.ヒューストン・ロケッツ 40勝24敗
7.ダラス・マーベリックス 40勝27敗
8.メンフィス・グリズリーズ 32勝33敗
…………………………………………………………………………………………………………………………………
9.ポートランド・トレイルブレイザーズ 29勝37敗
10.ニューオーリンズ・ペリカンズ 28勝36敗
11.サクラメント・キングス 28勝36敗
12.サンアントニオ・スパーズ 27勝36敗
13.フェニックス・サンズ 26勝39敗
14.ミネソタ・ティンバーウルブズ 19勝45敗
15.ゴールデンステイト・ウォリアーズ 15勝50敗

※7月31日(現地時間同30日)再開時の順位表、各カンファレンス上位8チームがプレーオフ出場、青字=プレーオフ進出決定チーム、赤字=プレーオフ進出可能性所有チーム、太字=第二幕出場チーム(東地区9、西地区13チーム)