2021.05.25

ナゲッツがブレイザーズを下して1勝1敗へ、後半リラードにはゴードンを送り込む

ヨキッチらの活躍でナゲッツがブレイザーズを下す[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月25日(現地時間24日、日付は以下同)。デンバー・ナゲッツがポートランド・トレイルブレイザーズとのプレーオフ ファーストラウンド第2戦に臨み、128-109で勝利を収めたことで、シリーズ戦績を1勝1敗のタイへと戻した。

 この試合、ナゲッツは最大23点をリードし、ペイントエリアの得点で54-32と圧倒。大黒柱のニコラ・ヨキッチの38得点8リバウンド5アシストを筆頭に、マイケル・ポーターJr.が18得点、ポール・ミルサップが15得点7リバウンド、アーロン・ゴードンが13得点6リバウンド、ファクンド・カンパッソが12得点6アシスト3スティール、モンテ・モリスが12得点と続いた。

 

 ナゲッツにとって脅威となっていたのは、ブレイザーズのデイミアン・リラードだった。リーグ最高級のオフェンシブガードは、前半だけで8本の3ポイント成功を含む32得点と大暴れ。ナゲッツは前半終了時点で73-61とリードしていたものの、リラード対策についてゲームプランの変更を迫られたのである。

 そこで手を挙げたのが、今年3月下旬のトレードデッドラインでオーランド・マジックから加入したゴードンだった。「コーチ陣へ『俺がやります』と言ったんだ。相手がポイントガードであれ、センターであろうと俺はやってみせる」とゴードンは試合後に明かし、リラードのマークを引き受けた。

「AG(ゴードンの略称)をここに連れてきた理由の1つ、それは彼が持つディフェンス面の多才さなんだ。もちろん、彼はそのことを受け止めてくれたし、望んでくれた。それがアーロンの望んでいたことの1つだったんだ」とマイケル・マローンHC(ヘッドコーチ)。

 203センチ106キロの体格で高い身体能力も兼備するゴードンがリラードに立ちふさがったことで、後半はわずか3ポイント1本成功の10得点にスローダウンさせることに成功。

 結局、リラードはいずれもゲームハイとなる42得点10アシスト、CJ・マッカラムが21得点6リバウンド、ノーマン・パウエルが15得点2ブロックを残すも、ブレイザーズで2ケタ得点を残したのは3選手のみ。

 もっとも、リラードは対ゴードンについても望むところだと言わんばかりに「続いてくれると期待している」と切り出し、こう続けていた。

「もっとオフボールのところで動き回るさ。オフボールのセットをしていくだけ。たいてい、大柄な選手というのは相手がボールを持っている時に長さと身体能力を駆使する。でもフレアやピンダウンで動き回ると、小さなスペースを見つけることができるのさ」。

 ナゲッツにとって、リラードは間違いなくブレイザーズのベストプレーヤーであり、この試合の前半にロゴスリーを沈めたように、ディープスリー一発で流れを変えてしまう恐ろしさがあるため、第3戦以降も徹底マークをしてくることが容易に想像できる。

 はたして、リラードとブレイザーズはその包囲網から脱出して対抗できるのか。今後の展開に注目だ。

BASKETBALLKING VIDEO