2021.11.04

31得点10リバウンドの活躍を見せたブランソン…マブスがスパーズとの接戦を制す

好調なオフェンスでチームをけん引したブランソン(写真は昨季) [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月4日(現地時間3日)、ダラス・マーベリックスは敵地でサンアントニオ・スパーズと対戦した。

 テキサス州のチーム同士の対決となったこのカードだが、第1クォーターは互角の立ち上がりとなる。マブスはエースのルカ・ドンチッチが10得点を稼ぐ一方で、スパーズはデジャンテ・マレーを中心に攻めを展開し、28-28の同点で次のクォーターへ。

 第2クォーターに入るとマブスのオフェンスが回り始め、開始約6分で46-34とリードに成功。これで流れを掴んだように見えたが、スパーズのサディアス・ヤングが攻守に渡って仕事をし、徐々に点差を縮められる。そこからはせめぎ合いが続き、59-58でマブスが1点をリードし前半を終える。

 後半が始まると、ジェイレン・ブランソンが積極的にゴールへ向かいフリースローを獲得。途中スパーズに点差を広げられるシーンもあったが、攻め気を見せたブランソンがチームをけん引し、81-83で勝負は最後のクォーターに。

 迎えた第4クォーター終盤まで点差の離れない両チームだったが、ここでもブランソンが得点を重ねていき、残り3分で101-96と一歩先へ。そのままファールゲームに持ち込むと、連続でフリースローを外す危ない場面もあったが、109-108でマブスがスパーズを振り払って勝利した。

 マブスはブランソンが31得点10リバウンド3アシストと大活躍。ドンチッチが23得点12リバウンド7アシスト、ティム・ハーダウェイJr.が23得点と、接戦をものにした。

 敗れたスパーズはマレーが23得点9リバウンド8アシスト、デビン・バッセルが21得点、デリック・ホワイトが19得点をマークしたが、ホームでファンに勝利を届けることは叶わなかった。

■試合結果
ダラス・マーベリックス 109-108 サンアントニオ・スパーズ
DAL|28|31|22|28|=109
SAS|28|30|25|25|=108

BASKETBALLKING VIDEO