2022.02.03

1月の月間最優秀新人に選ばれたのはケイド・カニングハムとジョシュ・ギディー!

ピストンズのカニングハム(左)とサンダーのギディー(右)[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 2月3日(現地時間2日、日付は以下同)。NBAは1月の月間最優秀新人(ルーキーズ・オブ・ザ・マンス)を発表した。

 イースタン・カンファレンスからはデトロイト・ピストンズのケイド・カニングハム(初選出)、ウェスタン・カンファレンスではオクラホマシティ・サンダーのジョシュ・ギディー(3か月連続3度目)が選ばれた。

 昨年のドラフト全体1位指名のカニングハムは、期間中に平均17.3得点5.6アシストをマーク。得点はルーキー全体トップ、アシストではイーストのルーキーでトップという堂々たる成績。

 一方のギディーは、期間中に平均13.3得点8.6リバウンド6.1アシストをマーク。3か月連続の月間最優秀新人となり、サンダーの球団史上初となる3度目の受賞に。

 また、シーズン通算11度目のダブルダブルをクリアしたことで、ラッセル・ウェストブルック(現ロサンゼルス・レイカーズ/10度)が保持していた記録を抜き、球団の新人史上最多記録を塗り替えている。

BASKETBALLKING VIDEO