2023.11.23

リーグベストの平均31.9得点を誇るシクサーズのジョエル・エンビードが今季初の欠場

シクサーズの大黒柱が欠場[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 11月23日(現地時間22日、日付は以下同)。フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードが、左股関節を痛めたことで、この日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦を欠場することとなった。

 昨シーズンのMVPで、2シーズン連続で得点王となっているエンビードは、今シーズンここまで全14試合へ出場。リーグトップの平均31.9得点に11.3リバウンド6.1アシスト1.0スティール1.8ブロックをマーク。

 シクサーズは2連戦の2日目で、22日のクリーブランド・キャバリアーズ戦を延長の末に119-122で敗戦。29歳のビッグマンはその試合で41分2秒コートに立ち、32得点13リバウンド5アシスト2スティール5ブロックを残していた。

 22日終了時点でイースタン・カンファレンス3位の10勝4敗を誇るシクサーズは、ウルブズ戦でタイリース・マクシー、ディアンソニー・メルトン、トバイアス・ハリスニコラ・バトゥームマーカス・モリスSr.を先発起用している。

BASKETBALLKING VIDEO