2023.11.28

注目新人ウェンバンヤマとの初対決を終えたヨキッチ「彼はゲームを変えることになる」

ロケッツ戦のヨキッチ[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月27日(現地時間26日)。デンバー・ナゲッツはホームのボール・アリーナでサンアントニオ・スパーズを迎え、132-120で勝利を収めた。

 この日は「NBAファイナル2023」でナゲッツを球団史上初優勝へ導き、ファイナルMVPに輝いたニコラ・ヨキッチと、今年のドラフト全体1位指名のビクター・ウェンバンヤマが初競演。

 新人ウェンバンヤマはチーム最多の22得点11リバウンド6スティール4ブロックの活躍を見せたものの、ヨキッチは39得点11リバウンド9アシストと、圧巻のパフォーマンスでナゲッツを勝利へと導いた。

 211センチ128キロのヨキッチは試合後、224センチ94キロという高さと長さを併せ持つウェンバンヤマについてこのように話していた。

「彼は19歳なんだ。疲れることを恐れることもない。一生懸命プレーしていたよ。何度かミスもするけど、それはいたって普通のこと。周囲のメディアがそれを助けることはないけど、彼なら慣れていくだろうね。彼は(バスケットボールという)ゲームを変えることになる。100パーセントね。すでにその軌道に乗っている」

 そのウェンバンヤマは17試合の出場で平均30.1分19.2得点9.5リバウンド2.6アシスト1.3スティール2.6ブロックと、ビッグマンとしてオールラウンドなプレーを見せている。

 フリースロー成功率こそ82.4パーセントと高いものの、フィールドゴール成功率43.0パーセント、3ポイントシュート成功率27.5パーセント(平均1.5本成功)、平均3.6ターンオーバーは今後に向けて改善していきたいところだが、随所に光るプレーを見せており、初対決を終えたヨキッチもこの男の能力を評価していた。

 現在スパーズは泥沼の12連敗中。ウェスタン・カンファレンス最下位となる15位の3勝14敗に沈んでおり、なかなか勝利に届いていないものの、ウェンバンヤマには引き続き選手として向上を続けてほしいところだ。

BASKETBALLKING VIDEO